相席食堂ミステリ考察班

どうも、こんにちは。オルソンです。

 

 

相席食堂という番組がある。

相席食堂:関西ではロケ百戦錬磨の芸人「千鳥」。彼らがロケに行く………のではなく、誰かのロケ映像を見てあーだこーだ言いたい放題する番組。この「誰か」というのがミソで、長州力、Mr.マリック、渡部陽一など(あくまでロケの地力において)ろくな人が出ないため、千鳥も大悪口しか言わない。2019年4月からナイトinナイト枠に入り、放送時間が浅くなって、長くなった。

 

この相席食堂という番組、関西ローカルなのだが、GYAO!やTVerで配信されているためゴリゴリ千葉県民の私でも全然見れる。ありがとうGYAO!、ありがとうインターネット。

ところが、2019年5月14日放送分の相席食堂。5月15日の昼間には配信されていたのに、夕方には配信停止されていた。そのままだいたい丸一日くらい配信停止していた。丸一日あると、人々は配信停止の理由を様々に憶測する………憶測したところで相席食堂が帰ってくるわけでもないのに………。

翌日、相席食堂は何食わぬ顔で復活していた。これには我々相席食堂視聴者も色めきだった。私のような配信頼りの者はただ見れただけで嬉しかったが、リアタイで視聴していた者も「ヤバいシーンがカットされているに違いない」と思い、配信版を見ることとなった。

そして、答えは出た。守谷日和扮する「女キャッチャー」が緑石槽という台湾にある苔の草原みたいなのを見に行くシーン。

f:id:EF_510_514:20190517164632j:image

(ここまでは配信版でも見れます。ここから配信版にはないシーンの画像を使わせていただいております。)

f:id:EF_510_514:20190517164816j:image

あなたには真実が見えましたか…?見えなかった人は1枚目の画像の右の方を見てみよう!それにしても、警告しているとはいえ、柵とかはないんですね。台湾のお国柄なのかな。

というわけで、問題のあるシーンは一つしかない。だから、問題のあるシーンを切って、それ以外は配信された。というのがことの真相である。画像2枚だけ見て推理するぶんにはとても簡単な問題なのだが、正解者はリアタイ視聴者の中でもそう多くはなかったと思う。その理由はフェイクの存在が大きいと思う。フェイク、というのはミステリにおける「読者や主人公の推理を惑わせるヒントになりそうだがならないもの」である。具体例を言うと、「山姥伝説が語り継がれる村の旅館で起きた殺人事件、被害者は出刃庖丁で一突きされていた…」というミステリの犯人が山姥だったことなんか一回もないでしょ?ということである。

この、「相席食堂山田菜々回はなぜ配信停止したのか?」は、「相棒」や「科捜研の女」など多くのミステリドラマを手がけたテレビ朝日系列だからか、フェイクの量が半端ではない。そのため、謎を解けた視聴者が少なくなったと考えられる。そんなフェイクの要塞と言っても過言ではない超高級ミステリ、「相席食堂山田菜々回はなぜ配信停止したのか?」。そのフェイクを一つ一つ見ていこう。あ、そうそう、記事の性質上相席食堂山田菜々回のネタバレは避けられないので要注意。

 

  • オープニングからアウトだった説

ナイトinナイト昇格後の相席食堂は1時間番組となり、2本のロケをつなげて一つの番組としている。そんな今回の相席食堂の1本目のロケの内容は「有名な温泉地である別府で元NMB48山田菜々がロケ」というもの。初っ端から、温泉に入っているシーンから始まり、谷間のドアップというサービスカットまで魅せる!………だから、怒られたんじゃなかろうか?という説。私のように予告だけ見た人でもたどり着きやすい、恐らく最もベーシックな説である。最近そういうの、うるさそうだし。

 

  • 演者が誰かしらか捕まった説

これも、配信停止となった場合辿り着きやすい説の一つでしょう。ただ、根拠はないです。根拠はないけど、自分は「山田菜々」でめっちゃニュース検索しまくってました*1

 

先述の演者やらかし説のうち、ピンポイントな説。少し前の回にも出てくれた千原せいじだが、ちょうどこの日に文春砲が大当たりし、不倫が露呈した。

ノブ曰く「最大の功労者」の不倫により、番組配信も自粛せざるをえなかったのでは…?とする説。後述するけど、千原せいじ自身がロケ中に不倫カップルと出会っていたし。

 

あまり考えたくはない説ですが、少しよぎりましたね自分は。ほら、アイドルって熱烈なファンがいて、そういう人たちが、山田菜々が出てるからって見て、そんで千鳥が言いたい放題で………ねえ?(聞くな)ナイトinナイトでも昇格前の姿勢がさほど変わらない(後述のモザイクくらい)のは良いことだけど、どうもバカに見つかって焼き討ちにされるんじゃないかと常々ヒヤヒヤしてる自分もいたりいなかったりします。

 

  • ヤギのシーンで怒られちゃった説

ヤギのシーンも、千鳥が「エロいぞ」と口をそろえる代物。いや、「ヤギが棒状の人参を舐めてる」というまあ、そういう方向によくあるシーンなんですけどね。ただ、スタッフもトロンボーンBGM付けるあたり言い逃れできなさはありましたから。でも、ここが怒られるとしたらその他のシーンとセットで怒られていた気はする。

 

  • 混浴怒られた説

この後の山田菜々ロケも番組公式のあらすじ曰く「攻めた」内容が続く。混浴とかいうサービスカットを出してくるのだ。混浴をそう解釈してTVで扱うのも、うるさい人々がうるさそうだが、それに加えて混浴している山田菜々に集まるおっさんがなかなかに濃いめのスケベであったため、予告段階でも本編でもたどり着いてしまいがちな説の一つといえる。

 

  • ボッテガに怒られた説

この混浴のシーン、もう一つの大トラブルが起きている。男性客の一人が山田菜々の前で立ち上がるというシーンだ。今回のロケでの温泉は「泥湯」という相当濁った温泉*2であり、湯に浸かった部分は見えない。が、男性客が立ち上がった結果、その男性客の陰部が山田菜々とカメラの視界に姿を現してしまう。この段階で相当OUTだが、当然、視聴者(と千鳥)に対しては、モザイクによる対応をしている(下写真)。

f:id:EF_510_514:20190518023146p:image

このモザイク、ノブが「ボッテガ」と例えたため、「ボッテガモザイク」の名前で定着している*3が、ボッテガ社としては大事な財布で陰部を隠されているとなってはたまらないだろう。なので、怒られた。という説である。この説、最初こそ山田菜々ロケで怒られた説が濃厚で出てこなかったが、ひとたび浮上すると都市伝説的な拡散を見せた印象がある。

余談だが、ナイトinナイト昇格前にも風呂のシーンはあったが、相当薄いモザイクを用いており、千鳥には「陰根が映っている」と評された。もうさすがにそんな薄いモザイクは使えないか。

 

  • ぶっかけ祭りが怒られた説

混浴後も攻めた内容のロケは続く。この後行くロケ先が「ぶっかけ祭り」という、温泉の湯をぶっかける祭りであった。この「ぶっかけ祭り」という名前がすでにアウト*4な気しかしないが、実際山田菜々の濡れ透けが出てくるなど、きっちり攻めた内容になっている。これは………怒られるよお…???と視聴者を惑わせたが…。

 

ぶっかけ祭りの先で起きた出来事の一つ、それが「ダイノジが営業に来ていた」ということだ。これに対して「闇営業*5なのでカットされたというこれまた都市伝説臭漂う説。ただ、実際ダイノジを見た大悟の第一声は「これ、使うていい営業か?」だった。フェイクなのに信憑性を乗せてくるのはミステリとしてあっぱれであるが、一方で、ダイノジが二人とも大分県出身、という「ダイノジが闇営業ではない状況証拠」を持たせているのもまた心憎い。

 

  • 音楽権利関係説

ぶっかけ祭りのロケは衝撃的なオチを迎える。先述の通り、営業に来ていたダイノジの大谷は豪快にホースで放水を行う。客も大盛り上がりの中、映像が突然無音に。そう、水で音声機材が故障してしまったのだ。その結果、最終的にいつもエンディングで流れる「日曜日よりの使者」のBGMと歌詞テロップを流して乗り切ろうとするという大胆演出に。

ただ、歌詞テロップ流すのって意外と権利的にうるさかった気がするので、そこすらも怪しくなってくる。という説。また、You Hey!の歌*6も洋楽である以上権利関連か…?と、言った説。

 

  • ぶっかけ祭り大ヤラセ説

まさかとは思いながらも、なくはない説。ほら、祭りが大ヤラセだったTV番組って過去にあったから………地元の人たち怒ってたから………。世界の果ての人たちが………。

 

  • 女キャッチャーが怒られた説

女キャッチャーというキャラに扮した守谷日和。実際の性別は男である。この辺りの性別も最近デリケートといえばデリケートな問題である。この頃ちょうど、藤崎マーケットが男か女かわからんお好み焼き店主のもとに行って炎上したことは記憶に新しい。また、キャッチャーという設定から「野球をやっている女性を侮辱している」と、日本女性野球選手連盟辺りにしっかり怒られそうでもある。そういったことから、この説も本編を見ることなくたどり着ける説といえる。

 

  • 台湾で何かしらか問題になった説

「真相」に最も近い説。しかし、「真相」の核まで行くのは難しい。日本ではセーフでも台湾ではアウト、ということはいっぱいある(と、思う)。先述の守谷日和の女装も台湾基準の方が厳しいかもしれない、とか、先週、一般女性宅の家に泊まっていたからヤバかったのかもしれない、とか様々に憶測できる。正解が「緑石槽」だと何人がたどり着けたか?

 

  • 総評

いかがだっただろうか?私は、ことの真相を解説する際、「あなたには真実が見えましたか?」と書いたが、この言葉は「放送禁止」というミステリに出てくるセリフだ。そして、このセリフの前にはもう一つお決まりの台詞がある。それは「事実を積み重ねることが真実とは限らない…」である。放送禁止も他のミステリも通常、多くの伏線があって、それをつなぎ合わせる、つまり事実を積み重ねると犯人やらアリバイやら凶器やらの真相に辿り着ける。しかし、このミステリはどうだ。この記事で書いただけでも13ものフェイクがあり、うち12個はかすってもいないし、そもそも正解にたどり着けるのは一番上に添付した画像のみである。このたった一つの伏線を見落とさず拾えればすぐ正解というシンプルを通り越して手抜きでしかない真相に対し、丁寧に丁寧に多角的なフェイクを塗って固めるという斬新すぎる構成はミステリ界に大きな波紋を投げかける怪作になりうるのではないか?「事実を積み重ねることが真実とは限らない」どころか、「事実を積み重ねたところで、真実にたどり着けるとは限らない」というミステリ新時代の幕開けを予感させる。この相席食堂の事件はそんな事件であった。

最後に一言。

 

 

STOP!!自然破壊!!

(おしまい)

 

 

 

*1:千鳥を疑わなかったのは番組としての配信ページが残っていたからであって山田菜々をそういう目で見ていたとかでは断じてない。

*2:「泥のように濁った湯の温泉」ではなく、マジに泥が入っている温泉

*3:初登場は千原せいじ回。不倫カップルの肖像権と社会的地位を守ることが目的であった。

*4:この文章は中学2年生の男子が書いています。

*5:事務所に言わないで芸人が勝手に行う営業のこと。事務所にマージンを取られないというメリットはあるが、任天堂社員で例えると「任天堂社内と別に自分でゲームソフトを作って財をなした」と同じことなので、当然悪行。

*6:James BrownのHellという曲。千鳥が「You Hey!」に聞こえていた歌詞は実際には「Do hell!」

ドリーム東西ネタ合戦の東西区分を研究してみた

  • まえがき

どうも、こんばんは、オルソンです。

 

今回の記事では、ドリーム東西ネタ合戦というネタ番組について考察する。ドリーム東西ネタ合戦は2014年より毎年1月1日のゴールデンタイム頃に放送されているネタ番組であり、「芸人が東軍と西軍に分かれてネタで闘う」というコンセプトが存在する。そこで、この記事ではこの東軍と西軍というのがどのようにして分けられているのか、を考察する。もちろん「東の芸人」「西の芸人」という表現は古来から存在しており、この番組でもそれに則った東軍西軍の分け方をしているとは思うが、その基準が出身地なのか、所属事務所なのか、はたまた別の要素なのか?これを考察すべく今回の記事の執筆に至った。なお、ドリーム東西ネタ合戦の東西の勝敗はどう遅く見積もっても2月になったら誰一人として覚えている人間はいなくなるが、デジタル放送の投票で勝敗を当てると車や肉がもらえる。また、ドリーム東西ネタ合戦の「ドリーム」には「新年早々、多くの実力派芸人が揃ってネタで戦ってくれる夢のような番組」、「今年の正月はドリームマッチやらないので。普通のコンビのネタ番組やるんで。バイバーイ。」といった意味が込められている。

 

  • 考察のルール

・2014年から2019年のドリーム東西ネタ合戦の出演者をリストアップする。なお、参考文献はWikipedia

・芸人の横に出身県を書く。なお、東の県であれば青い文字、西の県であれば赤い文字で表記する。また、2人以上のユニットに対しては全てのメンバーの出身県を書き連ねる。なお、参考文献はWikipedia

・芸人の出身県のさらに右に所属事務所を書く。なお、東の事務所であれば青い文字、西の事務所であれば赤い文字で書く。ただし、所属事務所移籍経験者は最初に入った事務所を表記する。また、NSC*1は養成所であるが、便宜上、事務所とする*2。なお、参考文献はWikipedia

・前項の、「東の県と「西の県」および、東の事務所と「西の事務所糸魚川静岡構造線*3に沿って決める。そのため静岡県富士市出身の芸人は、「静岡」と表記するのに対し、静岡県浜松市出身の芸人は「静岡」と表記する。新潟、長野辺りもこういう混在があるはず*4

・「東軍西軍両方になったことがある芸人」を見るだけならWikipediaのドリーム東西ネタ合戦の記事にリストアップされているが見なかったことにする。

 

  • 2014年
  • MC

東軍:志村けん(東京・ナベプロ)、キャイ〜ン(山形・愛知浅井企画)

西軍:雨上がり決死隊(大阪・大阪・大阪吉本)、松本人志(兵庫・大阪吉本)

 

  • アシスタント

東軍進行アシスタント:吉田明世(東京・TBS)

西軍進行アシスタント:枡田絵理奈(神奈川・TBS)

 

  • 西軍

海原はるか・かなた(熊本・奈良・ケーエープロダクション)

ウーマンラッシュアワー(福井・大阪・大阪吉本)

ジャルジャル(大阪・兵庫・大阪吉本)

陣内智則(兵庫・大阪吉本)

すっちー&吉田(『今年来る!?芸人』対決枠)(大阪・兵庫・大阪吉本)

千鳥(岡山・岡山・大阪吉本)

チュートリアル(京都・京都・大阪吉本)

TKO(大阪・大阪・松竹)

友近(愛媛・大阪吉本)

中川家(大阪・大阪・大阪吉本)

ムーディ勝山(『あの歌ネタ』対決枠)(滋賀・大阪吉本)

レイザーラモン・HG(『一発芸』対決枠)(兵庫・大阪吉本)

ロッチ(奈良・大阪・大阪NSC)

笑い飯(奈良・奈良・大阪吉本)

 

  • 東軍

あばれる君(今年来る!?芸人』対決枠)(福島・ナベプロ)
アンジャッシュ(東京・東京・人力舎)
エド・はるみ(『あの歌ネタ』対決枠)(東京・東京吉本*5 )
オードリー(埼玉・東京・ケイダッシュ)

かもめんたる(東京・広島・サンミュージック)

サンドウィッチマン(東京・宮城・フラットファイヴ)

東京03(東京・愛知・千葉・人力舎)

ナイツ(千葉・東京・マセキ)

バイきんぐ(広島・福岡・大阪NSC)

バナナマン(埼玉・神奈川・ホリプロコム)

ハライチ(埼玉・埼玉・ナベプロ)

ピース(茨城・大阪・東京吉本)

へらちょんぺ(『一発芸』対決枠)(埼玉・フリー)
ロバート(福岡・福岡・群馬・東京吉本)

 

MCは浜田雅功は総合MC的な扱い。キャイ〜ン天野は愛知出身なのに東軍MC。あと、志村けんが以前、ナベプロ所属だったの、意外すぎるな。

アシスタントアナウンサーは、藤井健太郎の手先としても名高い、マスパンこと枡田絵理奈。思いっきり神奈川出身だが、ここの東西のバランスを取るためだけにMBSから出向させるわけにもいかなかったのだろう。実際ほぼ何も喋らないような仕事だし。

あばれる君や、乳首ドリルでお馴染みのすっちー&吉田が「今年来る!?芸人」というところに月日を感じずにはいられない。東西に関しては、西軍は出身地、所属事務所ともに西出身の芸人が出ているが、非よしもとが海原はるか・かなたとロッチのみ、さらに、ロッチも大阪NSC卒業生という異常な偏りを見せる。一方、東軍は所属事務所の面ではルールの甘いコンビはいないものの、かもめんたる槙尾、東京03豊本、と意外なところが出身地糸静構造線超えを果たしている。そして、観光大使としての動画があるということ以外、あまりにも九州男児感を出さないロバート、何度か移籍した事務所は全て上京先の東京だが、大阪NSC在籍時代のあるバイきんぐ、おそらく今回の東軍出演者で唯一の関西弁話者となる又吉直樹を含むピース、の3組も東軍扱いとなっている。これはあくまでも憶測だが、「上京」という概念の存在が東軍にのみ出身地が西側状態を生み出しているのだろう。

 

  • 2015年

アシスタントおよびキャプテンは変更なし。

  • 西軍初登場

麒麟(京都・大阪・大阪吉本)

ザ・ぼんち(『師匠のあのネタもう一度』対決枠)(大阪・兵庫・大阪吉本)

博多華丸・大吉(福岡・兵庫・福岡吉本)

はるな愛(『今ちょうどいい芸人』対決枠)大阪・サンズエンタテインメント*6 )

パンクブーブー(大分・福岡・福岡吉本)

ヒロシ(『今ちょうどいい芸人』対決枠)(熊本・福岡吉本)

ますだおかだ(大阪・大阪・松竹)

松浦真也*7(『ちょっと見てほしい芸人』対決枠)(京都・大阪吉本)

もりやすバンバンビガロ(『今ちょうどいい芸人』対決枠)(京都・大阪吉本)

 

  • 東軍初登場

アンガールズ(『今ちょうどいい芸人』対決枠)(広島・広島ナベプロ)

ウエスP(『ちょっと見てほしい芸人』対決枠)(埼玉・東京吉本)

コント赤信号(『師匠のあのネタもう一度』対決枠)(千葉・大阪・神奈川・劇団テアトルエコー)

シソンヌ(青森・静岡・東京吉本)

どぶろっく(佐賀・佐賀・浅井企画)

流れ星(岐阜・岐阜・ホリプロ)

日本エレキテル連合(愛媛・兵庫・松竹)

ハマカーン(埼玉・神奈川*8・キーストンプロ)

ハンバーグ師匠(『ちょっと見てほしい芸人』対決枠)(愛知・名古屋吉本)

髭男爵(『今ちょうどいい芸人』対決枠)(兵庫*9・福岡・東京吉本)

 

  • 西軍続投

ウーマンラッシュアワー(福井・大阪・大阪吉本)

陣内智則(兵庫・大阪吉本)

すち子*10(『ちょっと見てほしい芸人』対決枠)(大阪・大阪吉本)

千鳥(岡山・岡山・大阪吉本)

友近(愛媛・大阪吉本)

中川家(大阪・大阪・大阪吉本)

ロッチ(奈良・大阪・大阪NSC)

笑い飯(奈良・奈良・大阪吉本)

 

  • 東軍続投

オードリー(埼玉・東京・ケイダッシュ)

サンドウィッチマン(東京・宮城・フラットファイヴ)

東京03(東京・愛知・千葉・人力舎)

ナイツ(千葉・東京・マセキ)

バイきんぐ(広島・福岡・大阪NSC)

ロバート(福岡・福岡・群馬・東京吉本)

 

さきほど、「出身地が西の芸人が上京すると東軍になる」という薄考察を繰り広げたが、その結果同郷でコンビを組んで上京したアンガールズ、どぶろっく、流れ星が、東側出身者不在での東軍入りを果たす。同郷ではないが、日本エレキテル連合、ハンバーグ師匠、髭男爵にも同じ現象が発生している。髭男爵に至ってはツッコミの文末が「やないかーい!」な時点で東軍来ちゃダメだろ…。

Wikipediaを読みまくるという制作方法の都合上、もりやすバンバンビガロ京都府宇治市出身、流れ星はパワハラを理由にホリプロを辞めた、はるな愛の戸籍が「大西賢示」のままであるそこそこ重めの理由、など芸人の情報がチマチマと入ってくる。

このように、芸人本人の出身地より、所属事務所の東西の方が東軍西軍を決める手掛かりとなっていることや、その所属事務所というのも出演当時の所属事務所の東西であることが薄々わかってきたが、初登場のはるな愛、そして西軍を続投し続けるロッチ(ナベプロ)は、そのセオリーからはみ出している例外芸人と言える。

 

 

  • 2016年
  • 西軍アシスタント

宇垣美里(兵庫・TBS)

東軍アシスタントおよび両軍キャプテンは変更なし。

 

  • 西軍初登場

小籔千豊&渡辺直美(大阪・大阪吉本・茨城*11・東京吉本)

コロコロチキチキペッパーズ(京都・大阪・大阪吉本)

天津木村(兵庫・大阪吉本)

なかやまきんに君(福岡・大阪吉本)

NON STYLE(大阪・大阪・大阪吉本)

バンビーノ(大阪・愛媛・大阪吉本)

藤崎マーケット(大阪・兵庫・大阪吉本)

モンスターエンジン(大阪・大阪・大阪吉本)

レギュラー(京都・京都・大阪吉本)

  • 西軍続投

陣内智則(兵庫・大阪吉本)

千鳥(岡山・岡山・大阪吉本)

友近(愛媛・大阪吉本)

パンクブーブー(大分・福岡・大阪吉本)

  • 西軍復活

TKO(大阪・大阪・松竹)

  • 東軍初登場

AMEMIYA(千葉・東京NSC)

いつもここから(東京・岩手・ナベプロ)

おかずクラブ(宮崎・兵庫・東京吉本)

狩野英孝(宮城・マセキ)

GO!皆川(茨城・東京吉本)

ジャングルポケット(東京愛知・東京・東京吉本)

スギちゃん(愛知・名古屋吉本)

小沢一敬*12(愛知・名古屋吉本)

とにかく明るい安村(北海道・東京吉本)

ドランクドラゴン(大阪・神奈川・人力舎)

バカリズム(福岡・マセキ)

ピスタチオ(神奈川・東京・東京吉本)

柳原可奈子(東京・太田)

  • 東軍続投

サンドウィッチマン(東京・宮城・フラットファイヴ)

ナイツ(千葉・東京・マセキ)

ロバート

(福岡・福岡・群馬・東京吉本)

ハンバーグ師匠*13 (愛知・名古屋吉本)

  • 東軍復活

アンジャッシュ(東京・東京・人力舎)

 

2016年には番組に一大革命が起きた。宇垣美里のTBS入社である。paraviのCMを見ても分かる通り、彼女は兵庫県出身でミス同志社からアナウンサーとなった、いわば生粋の関西人である。この、生粋の関西人のTBS入社に伴い、西軍アシスタントが神奈川県出身という状況から無事脱却を果たす。しかし、彼女は2019年3月末をもって退社。彼女が西軍アシスタントを続投するのか否か…その答えは令和最初の夜に出ることとなる。

ドリームマッチ優勝コンビがネタもそのままに出演した珍しい回でもあるこの回では、渡辺直美小籔千豊に引っ張られる形で西軍入り。一方、東軍はスピードワゴンおかずクラブバカリズム、スギちゃんといった西軍出身上京東軍芸人が名を連ねる。ドランクドラゴン人力舎出身という意味では東京のコント師だけど、塚地の喋りは関西弁だよなあ…。

 

  • 2017年
  • 西軍初登場

尼神インター(兵庫・兵庫・大阪吉本)

インポッシブル(神奈川・福岡・東京吉本)

善し(大阪・大阪吉本)

銀シャリ(大阪・兵庫・大阪吉本)

八木真澄*14(京都・大阪吉本)

山口智充(大阪・東京吉本)

ゆりやんレトリィバァ(奈良・大阪吉本)

和牛(愛媛・大阪・大阪吉本)

  • 東軍初登場

いつもここから(東京・岩手・ナベプロ)

コージー冨田&原口あきまさ(兵庫・トップカラー・福岡・ケイダッシュステージ)

三四郎(東京・東京・マセキ)

タイムマシーン3号(新潟・群馬・ケーアッププロモーション)

ダチョウ倶楽部(兵庫・兵庫・沖縄・太田)

長州小力(東京・西口プロレス)

トレンディエンジェル(神奈川・東京・東京吉本)

フォーリンラブ(大阪・北海道・ナベプロ)

Hey!たくちゃん(北海道・ケイダッシュ)

横澤夏子(新潟県糸魚川市・東京吉本)

ライス(東京・東京・東京吉本)

  • 西軍続投

なかやまきんに君*15(福岡・大阪吉本)

陣内智則(兵庫・大阪吉本)

千鳥(岡山・岡山・大阪吉本)

TKO(大阪・大阪・松竹)

博多華丸・大吉(福岡・兵庫・福岡吉本)

パンクブーブー(大分・福岡・福岡吉本)

ヒロシ(熊本・福岡吉本)

友近*16(愛媛・大阪吉本)

ロッチ(奈良・大阪・大阪NSC)

  • 東軍続投

おかずクラブ(宮崎・兵庫・東京吉本)

サンドウィッチマン(東京・宮城・フラットファイヴ)

ジャングルポケット(東京・愛知・東京・東京吉本)

  • 西軍復活

中川家(大阪・大阪・大阪吉本)

  • 東軍復活

あばれる君(福島・ナベプロ)

アンガールズ(広島・広島・ナベプロ)

東京03(東京・愛知・千葉・人力舎)

どぶろっく(佐賀・佐賀・浅井企画)

バイきんぐ(広島・福岡・大阪NSC)

 

  • 東軍→西軍裏切り

ロバート(福岡・福岡・群馬・東京吉本)

 

西軍→東軍裏切りはなし。

三四郎マセキ所属までの紆余曲折長すぎ、銀シャリ橋本の趣味は「そうめんの食べ歩き」銀シャリなのに。あとそうめんの食べ歩きって何だ?といったWikipediaゴシップを得ながら調査継続。

インポッシブル西軍が意外すぎる。しかも、西の出身なのは井元のみ、入学した養成所も東京NSCというなかなか東軍感ある西軍だ。

一方、東軍からもコージー冨田&原口あきまさという西のモノマネ芸人と西のモノマネ芸人によるスペシャルユニットや、意外にも3人中3人西出身のダチョウ倶楽部などが華を添える。添えるなよ。

横澤夏子糸魚川市出身、すなわちフォッサマグナから生まれた芸人として、史上初の紫字を採用。だれか彼女の実家がフォッサマグナの東西どっちか分かる人がいたら教えてください………。

また、北九州から上京した秋山馬場と、NSCで出会った山本のトリオ「ロバート」がこの番組史上初の裏切り芸人に。もちろん、出身地が西である以上裏切りなどと言われる筋合いはないし、「今まで東軍な方が裏切り」という見方だってある。しかし、その基準であればおかずクラブアンガールズ、どぶろっく、バイきんぐも西軍に行くべきである。数合わせか?数合わせのロバートなのか?

あと、何だかんだ言って西軍で続投し続けるロッチすごすぎ。2015年には普通に出てたどぶろっくが2017年には今ちょうどいい芸人扱いで出演してるの悲しすぎ。逆に2015年は今ちょうどいい扱いだったアンガールズがまさかの復活遂げてるのも凄すぎ。

 

  • 2018年
  • 東軍アシスタント

笹川友里(神奈川・TBS)

  • 西軍キャプテン

西川きよし(高知・大阪吉本)

  • 西軍初登場

かまいたち(島根・大阪・大阪吉本)

高田紗千子(京都・松竹)

福田彩乃(愛知・アミューズ)

  • 東軍初登場

おばたのお兄さん(新潟・東京吉本)

カミナリ(茨城・茨城・グレープカンパニー)

神奈月(岐阜・太田プロダクション)

にゃんこスター(埼玉・長崎・ナベプロ)

ホリ(千葉・ホリプロ)

やしろ優(神奈川・ナベプ)

ゆにばーす(神奈川・奈良・東京吉本)

ハイキングウォーキング(新潟・富山・東京吉本)

しずる*17(東京・埼玉・東京吉本)

ジョイマン(神奈川・神奈川・東京吉本)

小石田純一(埼玉・東京NSC)

  • 西軍続投

尼神インター(兵庫・兵庫・大阪吉本)

陣内智則(兵庫・大阪吉本)

千鳥(大阪・大阪・大阪吉本)

友近(愛媛・大阪吉本)

博多華丸・大吉(福岡・兵庫・福岡吉本)

ゆりやんレトリィバァ(奈良・大阪吉本)

ロッチ(奈良・大阪・大阪NSC)

笑い飯(奈良・奈良・大阪吉本)

  • 東軍続投

アンガールズ(広島・広島・ナベプロ)

サンドウィッチマン(東京・宮城・フラットファイヴ)

ジャングルポケット(千葉・愛知・東京・東京吉本)

東京03(東京・愛知・千葉・東京吉本)

トレンディエンジェル(神奈川・東京・東京吉本)

横澤夏子(新潟県糸魚川市東京吉本)

ライス*18(東京・東京・東京吉本)

  • 西軍復活

渡辺直美(茨城・東京吉本)

NON STYLE(大阪・大阪・大阪吉本)

バンビーノ(大阪・愛媛・大阪吉本)

天津木村(兵庫・大阪吉本)

  • 東軍復活

アンジャッシュ(東京・東京・人力舎)

ナイツ(千葉・東京・マセキ)

又吉直樹*19(大阪・東京吉本)

  • 西軍→東軍裏切り

コージー冨田(兵庫・トップカラー)原口あきまさ(福岡・ケイダッシュ)

ロバート(福岡・福岡・群馬・東京吉本)

  • 東軍→西軍裏切り

バイきんぐ(広島・福岡・大阪NSC)

バカリズム(福岡・マセキ)

 

西川きよしが西軍キャプテンとなり、ダウンタウンはMCになる。また、東軍アシスタントが、西軍アシスタントである宇垣美里と動機になる。と言った小さなテコ入れが行われる。

コージー冨田原口あきまさが東軍へ、バイきんぐ、バカリズムが西軍へ行くという、「出身地寄り」の是正があった回。しかし、ロバートが東軍に戻されていたり、アンガールズが東軍続投していたりするため、完全に出身地基準の東西軍決めができているかというとそうではない。福田彩乃が西寄り出身ってのはなかなか意外でしたね。

チーム又吉は、綾部がアメリカ行った代わり(?)に同期を連れてやってきたユニットコント。リーダーであろう又吉だけが西側の出身だ。

 

  • 2019年元日
  • 西軍初登場

岩尾望*20(大阪・大阪吉本)

河本準一*21(愛知・大阪吉本)

ガリットチュウ(熊本・神奈川・東京吉本)

さらば青春の光(大阪・大阪・松竹)

霜降り明星(大阪・大阪・大阪吉本)

とろサーモン(宮崎・宮崎・大阪吉本)

パッション屋良(沖縄・マセキ)

メンバー(島根・島根・広島吉本)

安田大サーカス(兵庫・広島・和歌山・松竹)

野性爆弾(滋賀・滋賀・大阪吉本)

  • 東軍初登場

ガンバレルーヤ(鳥取・愛知・大阪吉本)

近藤春菜*22(東京・東京吉本)

庄司智春(神奈川・東京吉本)

ずん(東京・宮崎・浅井企画)

ダンディ坂野(石川・サンミュージック)

チョコレートプラネット(京都・神奈川・東京吉本)

トム・ブラウン(北海道・北海道・ケイダッシュ*23  )

ハナコ(秋田・千葉・岡山・ナベプロ)

ペナルティ(北海道・千葉・東京吉本)

  • 西軍続投

井上裕介(大阪・大阪吉本)

かまいたち(島根・大阪・大阪吉本)

陣内智則(兵庫・大阪吉本)

千鳥(岡山・岡山・大阪吉本)

博多華丸・大吉(福岡・兵庫・福岡吉本)

ロッチ(奈良・大阪・大阪NSC)

  • 東軍続投

アンガールズ(広島・広島・ナベプロ)

カミナリ(茨城・茨城・グレープカンパニー)

東京03(東京・愛知・千葉・人力舎)

ナイツ(千葉・東京・マセキ)

ロバート(福岡・福岡・群馬・東京吉本)

  • 西軍復活

TKO(大阪・大阪・松竹)

ヒロシ(熊本・福岡吉本)

和牛(愛媛・大阪・大阪吉本)

  • 東軍復活

AMEMIYA(千葉・東京吉本)

シソンヌ(青森・静岡・東京吉本)

  • 東軍→西軍裏切り

流れ星(岐阜・岐阜・浅井企画)

髭男爵(兵庫・福岡・東京NSC)

  • 西軍→東軍裏切り

友近*24(愛媛・大阪吉本)

バイきんぐ(広島・福岡・大阪NSC)

バカリズム(福岡・マセキ)

 

近藤春菜が大先輩であるはずの友近を東軍に引っ張り込んだ回。サンミュージック所属ということで東軍に入れられていた髭男爵が西軍になったのはいいが、結局ダンディ坂野が東軍という、同じ過ちを繰り返してしまう。流れ星も西軍に来たのは出身地寄りの是正といえるが、バイきんぐとバカリズムは東軍に戻されている。ちなみに、この時バカリズムが披露したネタは「関西からの転校生である中森くん」に関するネタ。まあ、西軍じゃ絶対披露できないネタである。もし、5ヶ月前の番組を録画している人がいたら、「バカリズムは1年前にビデオデッキにチンチンを挟みながら西軍にいた」と思いながら見返すとまた違った味わいが出るかもしれない。出なかったらごめんなさい。

 

  • 2019年令和初日
  • 東軍アシスタント

皆川玲奈(東京・TBS)

  • 西軍アシスタント

山本恵里伽(熊本・TBS)

  • 西軍初登場

ハリウッドザコシショウ(静岡・大阪吉本)

 

  • 東軍初登場

くまだまさし(東京・東京吉本)

タカアンドトシ(北海道・北海道・札幌吉本)

もう中学生(長野・東京吉本)

  • 西軍続投

銀シャリ(大阪・兵庫・大阪吉本)

霜降り明星(大阪・大阪・大阪吉本)

TKO(大阪・大阪・松竹)

ロッチ(大阪・大阪・大阪NSC)

和牛(愛媛・大阪・大阪吉本)

笑い飯(奈良・奈良・大阪吉本)

  • 東軍続投

チョコレートプラネット(京都・神奈川・東京吉本)

ナイツ(千葉・東京・マセキ)

バイきんぐ(広島・福岡・大阪NSC)

バカリズム(福岡・マセキ)

ロバート(福岡・福岡・群馬・東京吉本)

  • 西軍復活

友近(愛媛・大阪吉本)

はるな愛(大阪・サンズエンタテインメント)

藤崎マーケット(大阪・兵庫・大阪吉本)

  • 東軍復活

エド・はるみ(東京・東京吉本)

狩野英孝(宮城・マセキ)

サンドウィッチマン(東京・宮城・フラットファイヴ)

ハンバーグ師匠(愛知・名古屋吉本)

  • 東軍→西軍裏切り

どぶろっく(佐賀・佐賀浅井企画)

 

西軍→東軍裏切りはなし。

令和改元初日ということで、5月に行われたドリーム東西ネタ合戦。改元前に年越しそば食べる人もいれば、改元後に正月特番するTV局もあるもんですね。

アシスタントのアナウンサーは総取っ替えとなり、令和初日から経費をしっかり削った形となった。また、熊本出身アナウンサーが西軍出身となったことで、「スタッフは九州を東日本だと思っている説」は否定される形となってしまった。
ちょうどいい芸人であるどぶろっくがついに西軍に是正。なお、是正はどぶろっくのみで、バイきんぐ、バカリズム、ロバートは東軍のまま。なお、バカリズム岐阜県について嘘八百を並べ立てるネタを、ロバートは青森県の祖母からの言葉を本にした男のネタという、あまりにも東軍なネタを披露。

なお、ハリウッドザコシショウ静岡県静岡市出身ではあるが、出生当時は清水市だった(2003年に合併)ため、東西の判別は容易である。ちなみに、バイきんぐが最初に所属した事務所はナベプロだが、ザコシショウが最初に所属した事務所は大阪吉本である。

 

  • 結論

1、事務所の東西と出身地の東西では前者が優先されていたが、近年は少しずつ是正されている。

2、しかし、東軍と西軍で数が合わないのはダメすぎるので、「事務所は東だが、出身地が西の芸人」は都合よく入れ替えさせられてしまう。特にバイきんぐとバカリズムのフットワークの軽さは異常。

3、千鳥、陣内智則友近、ロッチは何だかんだで凄い。東軍だとアンガールズなんかが意外と(ド失礼)凄い。

 

何に使えるデータかわかりませんが、何かに使ってあげてください。以上。

 

 

*1:よしもとが作った芸人養成所

*2:NSC卒のよしもと所属芸人は所属事務所を「〇〇吉本」と表記

*3:東日本と西日本の様々な文化的境界になっていると言われている日本最大規模の断層。ここを超えるとそばつゆの色が変わったり、発電機のヘルツが変わったり、たむけんがソツのないMCから裸獅子舞芸人になったり、藤崎マーケット一発屋体操芸人から正統派漫才師になったりする。フォッサマグナ、という名前でも有名だが、実際にはフォッサマグナという領域の西側境界が糸魚川静岡構造線。でもこの記事には何個か「フォッサマグナ」を「糸魚川静岡構造線」という意味で使っている箇所があります。きにしないでください。

*4:なお、新潟県糸魚川市新潟県の西の端なのであんまり混在しない模様

*5:女優としての最初の所属は「演劇集団 円

*6:なお、最初に所属した事務所は不明。そんなことある?

*7:すち子&真也の真也としての出演

*8:神田の正確な出身地はジャカルタ。ある意味西ですね

*9:山田ルイ53世としての設定上はパリ・シャンゼリゼ通り出身らしい

*10:2014年はすっちー名義で出演

*11:渡辺直美の本当の出身地は台湾らしい。ある意味西ですね。

*12:スピードワゴンのボケとして登場

*13:スピードワゴンのツッコミ、井戸田潤として出演

*14:ザ☆健康ボーイズの一員として出演

*15:ザ☆健康ボーイズの一員として登場

*16:山口智充with友近の一員として登場

*17:チーム又吉の一員として登場

*18:チーム又吉の一員として登場

*19:チーム又吉の一員として登場

*20:CONTSのボケとして登場

*21:CONTSのボケとして登場

*22:友近とのユニットで登場

*23:布川のみ札幌吉本所属経験アリ

*24:近藤春菜とのユニットで登場

イカの塩辛とエロ本とポリコレ棒の話

どうも、こんばんは、オルソンです。

 

 

イカの塩辛、という食べ物がある。その名の通り塩辛い食べ物であり、「塩辛」と名付けられたからにはさぞかし相当塩辛いんでしょうね?と、高い高いハードルを設定してもサクッと超えてくるほど塩辛いため、酒や飯が無限に進む魔法の食べ物である。

私はこのイカの塩辛という料理が大好きである。中学生くらいの頃から飯が進むと思っていたが、20歳になると「お酒のおつまみ」として新たな魅力を発見させてくれた、それがイカの塩辛だ。そんなわけで、ある日私はある居酒屋で、イカの塩辛をつまみに酒を飲んでいた。イカの塩辛の下にはシソの葉が敷かれていた。巻いて食べるのもオツなものなのか、とシソを退けてみると下から大根おろしが出てきた。………大根おろし?私が頼んだのは「イカの塩辛」であって「イカの塩辛、大根おろしを添えて」ではなかったはずだ。ではなぜイカの塩辛の皿に大根おろしが添えられているのだ?………そういえば、水曜日のダウンタウンで「刺身盛り合わせの上に乗っている菊の花は醤油に散らして食べる薬味」とやっていた。唐揚げのレモンだってそうだ。となると、イカの塩辛と合わせると美味いからこそ載せているのだろう。そう思い、イカの塩辛→酒→イカの塩辛→酒→…のローテーションを、イカの塩辛→大根おろし→酒→イカの塩辛→大根おろし→酒にしてみる。…すると、イカの塩辛と酒の合体によって発揮されるシナジー大根おろしによって綺麗に阻まれているのがわかった。イカの塩辛の塩辛さには酒や米だけでなく、大根おろしも無限に進める効果があったらしい。いらねえ。この食べ方ではないな。というわけで、残っていた塩辛と大根おろしを混ぜてみることにした。イカ塩辛大根おろし和えの完成だ。イカ塩辛大根おろし和え、それはイカの塩辛の塩辛さを大根おろしが優しく包み込んだマイルドな味わいとなり、イカの塩辛は酒や飯を無限に進める魔法を完全に失っていた。いや、失ったらアカンやろ。しかし、もう混ぜてしまったものは戻せない。なぜだ。なぜ、イカの塩辛に大根おろしが付いているんだ。たしかに、イカの塩辛が世界で2番目に塩辛い食べ物であることはほぼ間違いないだろう(1番は塩)。しかし、こっちは「イカの塩辛」と注文した時点でそんなことはわかっている。というかさっきも書いたけど、「塩辛」って名前を背負ったくらいだからね?これで甘かったり酸っぱかったりしないのは百も、いや千も万も承知である。そのうえで、この大根おろしは何だ?何しにきた?こっちは塩辛いの食べたくて塩辛頼んでんだよ。何それをマイルドに包み込んでんだよ。知ってて塩辛行ってんだよ、こっちは。分かれよ。分かったらさっさと、焼いたサンマの上にでも帰れ。

 

 

さて、イカの塩辛同様イカ臭いものといえば、チ●コである。チ●コ、それは小学生男子相手であればインスタントに爆笑を取れるウルトラキラーワードとして名高いが、聞いて不快に思う人もけして少なくない。だから、もし、地上波のTV番組で出演者が「チ●コ」と言い放ったら、テロップは「チ⚫︎コ」と伏せ字を施され、その出演者の声も「ピー音」なり、「チン!」というベルの音なりを被せられる。それは、視聴率1%が100万人といわれ、いつ誰がTVを見たりつけたりするかわからないこの世の中では致し方ないことだと思う。なので、この記事ではこれ以降も基本的に「チ●コ」表記で話を進める。

それはそうと、エロ本という本がある。エロ本というのはエロい本だ。エロ本とはエロい本で、イカの塩辛はイカを塩辛くした料理である。わかりやすい世の中ですね。そして、エロ本にはエロシーンがある。2017年の国勢調査ではエロ本を読む人の172%がエロシーンを目当てに読んでいるという。そんなエロシーンだが、男の肉棹の筋は海苔のようなもので隠されているし、肉棹を挿入された女の喘ぎ声も「おち●ぽ…ご主人様のおち●ぽが…私のおマ●コに入ってぇ〜〜〜ダメェェェェ〜〜〜〜!!!」である。いや、何を今更伏せてるんだよ!やましいものを伏せてるんだろうけど、こっちはやましいことあるって知ってて買ってるから!もっと言うとやましいことが目当てです!なぜなら私たちはやましいこと大好きだから!その上で何が「おち●ぽ…」だ!実際に現場で「おち●ぽ…」って喘いでるならいいよ、でもそうじゃないよね?何らかの規制だよね?何のための?エロくしないために?エロ本を、か?バカなのか?あと、何でおち●ぽはアカンくて、肉棹はいいんだよ!

 

というわけで、イカの塩辛は大根おろしによってマイルドにされ、エロ本は「チ●コ」「マ●コ」関連の規制を受け、言いたいことも言えない世の中である。こんな世の中ポイズンだと思わないか?ポイズンだと思ったからこそ反町隆史が歌い上げたのが1998年ですよ?それから20年近く経って、日本はどうなったか?ポリティカルコレクトネス、なる言葉が持て囃され、東京五輪のために日本の表現物も海外の文化に恥じないようにという名目のもと丸くされ、イカの塩辛の下には大根おろしが敷かれ、エロ本のチ●コマ●コは伏せ字がされ、伏せ字をしてもなお、エロいからという理由でコンビニの店頭からの撤退を余儀なくされている。こんな世の中、息苦しくないか!?今からでも遅くはない!抜け出そう、表現の自由が本当に保障された自由な世界へ!

 

貫こうぜ、自分!

 

R-1ぐらんぷり2019感想文

どうも、こんばんは、オルソンです。

 

 

最近全く更新していないorしてるとしても遅筆丸出しな今日この頃ですが、人気記事ランキングには「R-1ぐらんぷり2018感想文」が勝手にせり上がってきております。というわけで今年も書くよね、感想文。というわけで、R-1ぐらんぷり2019のネタバレ要素がっつりあるので注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、全体的な話からすると、レベルは去年よりやや下がるかな、面白かったけど。

 

ただ、以前何気なくツイートした問題点が大方潰されていたのは良かった。特に終わってるキャッチコピーが殲滅されたのは大きい。終わってるキャッチコピーと終わってないキャッチコピーの芸人がいて、優勝してるの基本終わってない方だった気がするし、終わった終わってない以外の方向でも、アキラ100%はキャッチコピーが「見えちゃったらごめんなさい」だった時点でちょっと優勝にリードしてた不平等感はあったけど、そういうのが一切合切殲滅されたのは良かったんじゃないですか。あと放送日が日曜日になってねえ、良かったねえ。

…といった問題点の削ぎ落としをしっかり済ましたうえで観客が最悪というのは何か良くできた漫談なの?すべらない話認定なの?金のスタンプ豚飛んでくるの?って話ですよ。何だろうね、あの観客は。今さら観客が悲鳴上げる話ってのもしたくはない(水ダウもガッツリ擦った後なので)けど、なんというか悲鳴とも少し違うんだよなあ。「へ〜」とか「オ〜」とかが多い感じ。

 

以前から、ネタ特番の観客が爆笑問題の漫才で田中がニュースをフリで言うのに対して「へ〜」っていう観客を見ると「何で知らんねん!」って思ってたけどそれをまさかボールペンの仕組みでやられるとは思いませんわ!そういう意味ではちょっと面白かったかもな!そっち楽しんだら良かったんか!芸人より観客のが面白かったって言えば良かったんか!言うわけあるか!河邑ミクの紹介VTRにも「へ〜」ってなってるのは不意打ちすぎて声出して笑っちゃったけど!来年はもう少しいい客集めてください、というか関西テレビ制作なんだから座王と同じ客の集め方してくださいよ、頼みますよ!本当に!あと、個人的な頼みですが、来年もR-1近づいたら2018年準決勝でカーテンの揺らし方だけで爆笑をかっさらうマツモトクラブ を再配信してください、面白かったので。

まあ、観客の話はここまでにして、ここからはちゃんとネタの感想書こうと思う。ちなみに、こがけんのマイクは本当に100万円するらしいです。

 

 

 

  • チョコレートプラネット松尾

「IKKOさん」屏風から虎を出して欲しい、というトンチを解きにやってきたのは………「一休さんかと思ったらIKKOさん」という言葉遊びから始まるガッツリキャラコント。モノマネの力や面白さは折り込み付きかつネタバレ済みだが「(和紙の屏風触って)和紙みたいにガサガサ」、「本当に本当で本当に本当なの」などの中身のなさはチョコプラの芸風を感じさせる。

ただ、IKKOモノマネ自体は散々見ただけあってさすがに少しダレた感じはあるかな。最後の椅子の件は動き的にはカバーできるんだろうけど、元ネタの認知度はそんなには高くないよなあ……。

 

「何が通った?」隙間が通ったものを当てるクイズを通して、動体視力を測る。という名目で、訳のわからないものを隙間に通し続けるというネタ。この「訳の分からないもの」が本当に素晴らしい。焼きそばかと思ったら輪ゴムの山盛り、は最初らしくまだ分かるとして、「バームクーヘンを剥がす機械」、「暖簾を2回くぐるたびに腹を一発パンチされる機械」などは本当に意味がわからない。意味のわからないものの羅列にならないようにしれっと見た目を麺類に統一したり、実印入れを被せてきたりと小技が光るのも凄い。

 

「歌が上手くなるマイク」。歌が上手くなるマイクを通販で買った男が早速試してみると…。個人的には審査員の票ほどは評価していないネタ。コントにはしてあるが、核となるボケは「さまざまな曲の80年代アメリカロック風アレンジ」なので、どうしてもエハラマサヒロの既視感が…。音楽的にアレンジの仕方が異なるのは分かるが、それでもね…。最後のニュースゼロの曲は良かったけど。

 

「父親になって思うこと」。赤ちゃんを寝かしつけた大須賀が、赤ちゃんを起こさないように小声で漫談する。「赤ちゃん」という要素はほぼ関係なく、漫談のテーマも一貫性がない。ゆりやんレトリィバァがちょくちょくR-1にかけていたコント風一言ネタに近いのだろう。ただ、そのクオリティは異常に高い。「水道の修理屋さんはマグネットで宣伝したがる」、「下敷きは仕組みの割に高い」、など、聞いたことない切り口から攻めてくる。さらに、下敷きって高いですよね→髪立てるくらい。それかボヨンボヨンするくらい、や、メロンパン専門店ってすごい覚悟だな→特に一号店出した人→どのタイミングで行けるって思ったんでしょうね?、など、オチたネタにもう一個足すのも巧い。いや〜、いい一言ネタだった。

 

  • おいでやす小田

「勝ち組」。富と名誉を手に入れたいわば勝ち組になった彼の心境とは…これまで彼がR-1で見せてきた「面接」「レストラン」のネタに比べると仕掛けはあまりない。「金持ちになっても貧乏症の男」という着眼点もそこまで新しくはない。それを彼のキャラクターと大声で引っ張っていく手腕は素晴らしい。また、「面接」「レストラン」という話し相手がいるネタから「ホテル」では話し相手を電話にし、最終的に「独り言」にしたのは進化と言える。ネタの中身で言えば、フードコートの畳み掛けがいい。ありがちな着眼点から、しっかりとセンスを魅せるところが実にいい。「飲み物はあのちっさすぎる紙コップの水でいい〜!」。「幸せって何なんよ…」から綺麗につながるオチのティッシュが好き。

 

「夢」。「夢って変ですよね…」から始まるフリップ。彼以前には意外といなかった「ショートコントならぬショートフリップ」。彼はこのネタでR-1の準決勝を落ち続けたらしいが、「夢の中で見た変なもの」という縦軸と、M-1優勝という箔を付けて見事決勝進出を果たした。

ネタは去年同様、シュールでもないのに新しさを感じさせる彼らしいネタばかり。「後半どうせ✖︎やろなっておもんない時間あるやろ!」「人として間違っている!」「それ平成でやらんねん!西暦でやんねん!」辺りが特に好き。

 

「共学」。ゴリゴリの男子校がよりによってゴリゴリの女子校と合併するらしい。早速「女子高生ってどんな人か?」という先生の話が始まり…。これまでのルシファーのネタに比べるとパワーダウンを感じずにはいられない。あのクオリティのピンネタが当たり前のようにポンポンできるはずがないよな、とは思う。その一方で「女子高生が言うおはようは…俺たちで言うところの……おはようって意味だ!」なんかはセリフの内容も間も最高で彼の良さが前面に出ている。…でも、やっぱりキャンタマンクラッカーや生姜と比較してしまうと、ね……。

 

  • マツモトクラブ 

「真実がわかる犬」。犬を連れた友人に会った男。彼は犬が吠えるタイミングに規則性を見出し…。

「飼い犬」に「ウソ発見器」のようなシステムを付与した設定が見事。そのうえで、「ウソつきそうな時の『ガルルルル…』」、「ウソどころか、未来の真実まで見抜く」、「町中の犬が吠え始めた…」などシステムを転がし、単なるウソ発見器ではなく、犬ならではの形でシステムを掘り下げていくのも良い。それでいて「ガードマンだって立派な仕事だ」みたいなセリフを入れても嫌味にならないっていうのは、ちょっともうどうかしてるくらい最高なんだよな。本当に、R-1ぐらんぷりくらいしかネタを見る機会がないのが残念というか、TV局が彼を使わなさすぎるぞ。R-1出なくてもいいくらいにネタでバカ売れして…もとい、TV局がそういう方向に動いて欲しい。

 

「カツラ芸」。カツラを使った芸をいくつか。フリップに表題を書くシステムや、「ヒヤヒヤしないでください。ハゲは見えても大丈夫なものです。」というセリフから、アキラ100%をかなり意識したネタ。ネタパレやにちようチャップリンのような緩い空気のネタ番組ならともかく、賞レースでこれは少し身内感強すぎる気がしないでもない。

ただ、本人の渋さと曲が無駄にマッチしていたり、カツラの脱ぎ方など本筋以外でも魅せたり、カツラのアタッチメントを使ったネタがあったり、最後の「ズラかります」であったり、小ネタは充実している。観客の空気も味方につけた部分も大きいだろうが、観客を引きつける小ネタが良かった。

 

「大阪に転校」。大阪に転校することになった女子高生。大阪に転校するために様々な準備をしているようで…。大阪に対する偏見ということで、おいでやす小田やルシファー吉岡のネタ同様、設定の発想自体は新しくはない。近年だと石出奈々子も似たようなネタをR-1決勝でやってたし。ただ、設定はベタなのに、「ノリツッコミ…っていうんだって」「大阪ってひったくり件数1位だよ…このご時世もっとコスパのいい犯罪あるのに!」「たこ焼きで根性焼き」など、中盤以降から個性が顔を出す点もおいでやす小田やルシファー吉岡のネタに近い。急に関西人に切り替わる演技力も含めていいネタだったな。

 

広島弁漢字ドリル」。例文を全部広島弁にした漢字ドリルを作ってきた。彼の2013年優勝作品同様、広島弁をフリップで見せる一言ネタ。………自分は、2013年の時からこのネタ好きじゃないんよなあ……。何というか、スタイルがフリーすぎるというか、あと文が少し長くてスッと入ってこないというか…。うーん…。

 

「鶏肉」。風船をたくさん持っているおじさん。彼の正体は風船を配る男ではなく、風船で鶏肉を飛ばす男で…。元々巨匠というコンビのボケ担当だった岡野。ブラックで気の違っているネタが多かった巨匠がピンでも変わらず気の違ったことをやっている、という事実が素晴らしい。変なおじさんが子供と対話していると言うのは巨匠がキングオブコント決勝に初進出した時の「パチンコ玉を新聞紙に包んでおじさんを作るおじさん」などのネタを彷彿とさせる。

このネタは「人間が肉にしてしまった鶏を飛ばしてあげる」と、妙に理にかなってしまっているあたりが本当に素晴らしい。設定のみならず「(風船を配るおじさんは)もっと健康な服着てるだろ」「鶏側につくよ」「命って重いよな」「何がないの〜?って聞いてみ?遜色だよ〜!って返ってくるから」など、セリフも完璧!「あの時と遜色ないよ〜!」のあの時っていつなんだよ、ニワトリだぞ!

個人的には粗品と同率一位くらいで笑ったネタだった。それなのに、投票で友近が一票だけ入れたのには何か笑っちゃったな。

 

 

ここから最終決戦

「猛獣に囲まれて思うこと」。…「思うこと」を小声で漫談にしていくスタイルは1本目と全く同じ。この、「2本目で設定をガラッと変えたと見せかけて、実は同じシステム」というのはR-1でゆりやんがやっているはず。しかし、何頭もの虎や、ジャングルのセットや、草に扮した大須賀が出す「絵力」が、本ネタの漫談のバカバカしさを増強している。多くの賞レース最終決戦進出者が悩んできた「2本目が1本目と同じシステムだと飽きられる」、というのを克服できていたんじゃないかな…。

 

「夢」。ここも、「夢って変ですよね」から始まるフリップの乱打。元々、小細工がある芸風でもないが、2本目でもそこまで変えていない…かと、思えば「バンクシー」を入れてきて、2度目のバンクシーは「キショいフリップの裏」という技まで見せてくるからたまらない。本ネタ自体は見たことあるものも少なくなかったけど、キレは健在だった。

 

「カツラ芸」。1本目と特に変わらないので、感想もあまり変わらない。ただ、ネタの内容は1本目より多少良くなっていた気がする。…気がするだけかな?

でも、ヘアーワックスの件とか、顔モノマネ前に川崎麻世を入れてくるあたり、単純に手数もパワーも大きくなっていたはず。

どうでもいいけど、カツラのテーブルクロス引きの準備シーンが死んだ人みたいに見えるのは自分だけでしょうか?

 

 

 

  • 総評

去年はR-1としては異例の大当たりだったので、それには劣るものの今回も良かったのでは。個人的にはあまり笑えないのもちょこちょこいたけど、セルスパ大須賀のピンネタをみれたり、おいでやす小田のコントを一年ぶりに見れたり、そのおいでやす小田が粗品に無駄に面白い負け方したりと、「今年も見て良かった」と相応に思わせてくれる回だったのは間違いない。

その、おいでやす小田とセルスパ大須賀が負けた同点時のルール。あれは、まあ決選投票が最良ということを除けば、そんなに悪いルールでもないと思うんだけど、桂三枝との相性が悪い。というか、点数出す順番、桂三枝が最後にできないのかな、とも思う。何なんだ、あの思い切りの良すぎる入れ方は。別にいいけど。

とにかく、来年はまともな観客集めてほしい!何だかんだ言って来年も見るんだろうな、俺は!

(おしまい)

私は勇者ああああ応募フォームにに何を投稿し、いかにして不採用になったか

どうも、こんばんは、オルソンです。

 

 

もう、3月だが、それはさておき2月14日に勇者ああああという番組がある企画を立てた。………あ、そうそう、このブログでも何度か言っているけど、勇者ああああというのは芸人たちがゲームをワイワイ騒ぎながらプレイしたり、エロゲーについて熱くプレゼンしたり、クイズ王とはんだ付けの腕前を争ったりする素晴らしい番組なので皆さん見ましょう。

f:id:EF_510_514:20190321011954p:image

そんな素晴らしい番組が行った素晴らしい企画、それが企画の募集である。私もこの企画に乗っかったが、4個投稿して4個ボツになった。…大乱闘スマッシュポテトブラザーズよりは面白いと思………いや、大乱闘スマッシュポテトブラザーズみたいにゼロから企画を打ち立てなかったのが敗因だろうな………。というわけで、今回は自分が投稿した企画をここに供養する。南無。

 

  • VSクイズ王~お笑いのことなら勝てる~

クイズ王(伊沢択司さんなど)に対して、「お笑いが好きすぎてお笑い芸人になった芸人」や「芸人のゴシップ大好き芸人」がクイズマジックアカデミーの芸能ジャンルのお笑い芸人限定クイズで闘う企画。

 

 

  • できたら100万円!コマンド一攫千金!

日頃、芸人に電流を流すスパルタばかりのこの番組。そこで、今回はコマンドができたらご褒美を用意することに!しかし、失敗するごとに賞金は100万→50万→25万と下がっていく上、コマンドも100万円渡すにふさわしい、超高難易度のものを用意する!

 

 

ガチゲーマーとしてこの番組に出演するザコシショウはモノマネ芸人でもある。そんな彼がゲームのあるシーンのモノマネをしたら、同じくガチゲーマー芸人であるハチミツ二郎は何のゲームか当てられるのか?同じくガチゲーマーであるペンギンズノブオなども回答者として呼んで検証する。

 

 

  • 予定調和ゲーム王~人喰い大鷲のトリコ編~

名作ではあるはずなのに、田口アナのプレゼンでは魅力がイマイチ伝わらなかった「人喰い大鷲のトリコ」。そこで、今回は腕利きのコント師を招集し、いかに素晴らしいストーリー、いかに泣ける展開が待っているゲームなのかを、実況によって伝えていく。最後はこのゲームをやり込みまくった田口アナによる模範演技も!

 

 

以上が私が応募フォームに投稿した企画である。以上!

(おしまい)

平成最後のセンター試験数学IAの誘導が綺麗すぎる話

どうも、こんばんは、オルソンです。

 

 

そろそろ、2/25。国立大学二次試験でございますね。受験生の皆さん頑張ってください。オルソンブログ は夢に向かう受験生を応援しております。

 

そんなわけで、国立大学の入試には一次試験がある。この一次試験はセンター試験と呼ばれており、今年は1/19〜1/20に行われた。センター試験で5教科7科目*1の基礎的学力を確かめた後に各々の国立大学で二次試験が待っている、と言うのが通常の国立大学受験の流れである。

そんな、全国の高校3年生*2の基本的学力を日本政府が推し量るまたとないチャンスでもあるのがセンター試験なのである。なお、「このセンター試験マークシート式で思考力が問えるはずがない」という理由で2021年には終了することが確約されている。しかし、センター試験マークシート式なりに思考力を問えるようにしてきたのは事実。今回はそれを平成最後のセンター試験こと2019年数学IAで確かめようと思う。え?数学ⅡB?あれはダメです。ダメな例です。誘導丁寧すぎ文章長すぎ文章長いから埋める空所の物量多すぎ計算スペース少なすぎ、それでいて誘導乗ってしまえば勝手に手が動くという思考力もクソもないという割と悲しめの回でした。「あんなもの数学じゃない、数学風だ」と全国の数学教師が腐り数学教師になっているというウワサを聞いたことがあります。まあ、センター試験数学ⅡBには2015年に、三角関数で7倍角を出したり、数列を整数と融合させるなど思考力を問おうとしすぎた結果平均点が39点になるという悲しい事件があったし、そもそも「平均点6割くらい」というコンセプトなのに、50点代前半であることが常態化していたので、これくらいでちょうどいいと思ったのかな、と思ったら平均点53点でした。三角関数でf(0)出させたり、微分の初っぱなでしょーもない連立方程式解かせたりと無駄に物量多くするからこうなるんだバーカ!簡単な問題でも量あったら時間内に解けないっていい加減学べバーカ!

というわけでセンター試験数学IAのみ振り返ることにする。あ、そうそう。言い忘れていたけど、この記事の作者は旧課程老害ニキなので、第2問〔2〕の統計は省略とします、さようなら…

 

  • 第1問〔1〕

f:id:EF_510_514:20190223003207p:image

最初は絶対値つきの一次方程式から。「絶対値記号をつけて場合分けさせようスペシャル」は数学でありがちな題材だが、特筆すべきは前半。いわゆる「4の平方根は2だけではない、-2もそう」「ルート3の定義は『3の平方根』ではなく『3の正の平方根』」という事実を下地に問題が作られており、やや盲点をついた感じになっている。こういうセンター試験らしさはいいな、と思う。真数条件を初っぱなに気づかせてしまう数学ⅡBとはえらい違いですね。

この後は定石通り場合分けをすればいいのだが、この場合分けの境界こそ出題しておいてもよかった気がする。ただ、統計が増えた結果、旧課程より数学Ⅰの分量は上がっており、今年は後述の数学Aが3問中2問難しいので、ウォーミングアップを兼ねた第1問〔1〕はこれくらいでちょうどいいのかもしれない。

 

  • 第1問〔2〕

f:id:EF_510_514:20190223003229p:image

ここは命題と論証。不等式、有理数無理数、図形の性質など様々な分野と融合し、意外と難しい部分とされる。今回の問題は「整数」。ギリギリ数学Aに抵触している気がしないでもないが、奇数偶数の和が奇数か偶数か、くらいは中学数学というスタンスか。ここではシとスが命題と論証のパズルっぽさがあって少し好き。セ〜タはよくある問題だが、整数特有の思考力を問うという意味ではこちらもなかなかいい問題。

 

  • 第1問〔3〕

f:id:EF_510_514:20190223003239j:image

センター試験の二次関数においてxではない文字定数aを含んだ二次関数が出題されることは少なくない。しかし、文字定数が二種類となるとなかなかないような気がする。ちゃんと調べてないけど。

もちろん文字定数の種類が増えたからといって頂点の求め方に変化はなく、係数が1であるところは書いてある*3ので計算ミスしたら気づきやすい。

このあとの展開がなかなかいい。aやbの値を直接出さず、(-1,6)を通る、としているところがいい。「通ると言ったら代入」という思考を素直に身につけた素直な学生の勝利だ。bがaの二次関数になる展開も含めてよくできた二次関数の問題だと思う。最後はセンター試験がなぜか大好きな放物線平行移動で〆。

 

  • 第2問〔1〕

f:id:EF_510_514:20190223003313p:image

センター試験には裏技というのがある。マークの形が桁数であるため、入れる数字がわかりやすいということだ。このような裏技の多くは「そんなものを覚えるくらいなら、まともに勉強しろ」と言いたくなるものが多いが、よく学びよくセンターの練習をした人であればアイウより先にエが埋まることは気づけるだろうか?証明は以下の通り。もちろんセンターで証明を書く必要はなく、以下のことがイメージできればいい。というか、イメージしなくてもいい。

アイ/ウが正の数である時、アイは2桁の自然数、ウは1桁の自然数なので

アイ>ウ

となる。この両辺をウで割ると、ウ>0より

アイ/ウ>1

しかし、アイ/ウはcosBACなので、1より大きくなることはないので矛盾。

よってアには「−(マイナス)」が入り、アイ/ウ<0より、BACは鈍角となる。

後半はcosの定義をそのまま使うというこれまた盲点をついた出題をしている。もっとも、2010、2013にも類題は出題されているのだが…。

なお、BACが鈍角であることは単なる小問ではなく、それを誘導にしないと正確な図が書けないシステムとなっている。図形の把握さえできれば、計算はいらないという問題構成が潔い。

 

  • 第3問

f:id:EF_510_514:20190223003536p:image

f:id:EF_510_514:20190223003551p:image

今年のセンター試験唯一の汚点、それはこの確率の問題だろう。一部では「確率漸化式の出題」と騒がれた。確かにn回目に引く時の確率がn-1回目に起きた事象によって変わるので、漸化式が出てくる展開ではあるし、問題用紙にメモする場合も漸化式だけ立てておくとやりやすくなる。

そんな数学IAの試験なのに数学B履修者の方が有利なのはどうかしてるといえばどうかしてる数学の問題だが、この問題の汚点はそこではなく、一般化できない(一般化すると本当に漸化式を解く数学Bの試験になるから)ために計算が煩雑になっていることだ。事象が複雑で計算も煩雑、そんなこの問題を得点比の単純計算では12分で解ききらなくてはならない。コサ/シスセ→ソタチ/ツテト辺りで問題作ってる方もアカンやつって気づかなかったのかな。気づけよ。ただ、ソタチ/ツテトを見た時点で「ヤバそう…」と思って逃げた受験生は正解と言える。

ただ、そんな受験生の陰には、後述の第4問、第5問こそ面白いのに、この面白くない問題によってその選択が阻まれた受験生がいることも忘れてはいけないと思う。あとこの問題、面白くないし。選択問題では難易度も面白さもどうにか平等にしてほしいものだ。

 

  • 第4問

f:id:EF_510_514:20190223003614p:image

f:id:EF_510_514:20190223003623p:image

センター試験に整数問題が出題される、すなわち指導要領に整数が加わったのは2015年*4からである。そのうち本試験で不定方程式が出題されたのは2016、2018、そして2019。全てax +by型(ユークリッドの互除法ほぼ必須)である。1年おきというジンクスは破壊してきたが、対策自体はしているはずだ。というわけで、カキまではよくある不定方程式にすぎないが、ク以降がよくある不定方程式を元に面白い事実を導き出させようとしてくれる。「49の倍数Aと23の倍数Bの組で、AとBの差の絶対値が1になるもの」という謎の操作が始まる。しかし、これはカキまでの不定方程式の捉え方を変えたものにすぎない。そのため謎の操作の意味さえわかればク〜コは計算なしで導ける。

サ〜スも自分で不定方程式49x-23y=2を立てれば済む話なのだが、このままでは謎の操作が謎のまま終わってしまう…。

さらに謎の問題は続く。n(n +1)(n +2)に関する問題だ。nとn +1の最大公約数が1であることと、n(n +1)(n +2)が6の倍数(いうまでもないが、ソの答えが6)はもはや暗記推奨である。なぜか、整数が指導要領に入る前の2005年の東大文理共通問題でもそれを使う問題が出ているので…。

この次は6762の素因数分解だ。このままだと、不定方程式→連続整数の積→素因数分解と整数の基本をつまみ食い的に確認しているだけになっており、あまりの傾向変化に慌てた受験生もいたかもしれない。そんな慌てた受験生に優しい形の空欄となっているのがこの6762の素因数分解だ。素因数分解はあまりの難しさから、コンピュータの暗号として使われている*5ことでも有名だが、我々人類は「各位の数の和が3の倍数ならその数も3の倍数」「末尾2桁が4の倍数ならその数も4の倍数」などの倍数判別法でその難しさに歯向かってきた。しかし、7の倍数には倍数判別法がない*6。そんな、7だけは最初から提示しておくのはセンター試験の優しさに他ならない。しかも、7の上にはチという小さい空欄もある。このことと、「チに1は入らない」というセンター試験ローカルルールから、「6762は49で割り切れる」ことが瞬時にわかるのだ。そして、もう一つ最初から出ている2と合わせて、6762を98で割ると、69という非常に素因数分解しやすい形になるのだ。めでたしめでたし。

ここまできたら最後の空欄トナニ。ここで、(1)で導いた「49の倍数と23の倍数で差が1か2になる状態を作る操作」、(2)で導いた「n、n +1、n +2はどれかが2の倍数でどれかが3の倍数」「nとn +1は1以外の公約数を持たない」、(3)で導いた「6762は49と23の公倍数の一つ」という事実の集大成、それがトナニなのです。n、n +1、n +2のうち7の倍数は2個以上ないので、どれかが7の倍数ならそれは49の倍数、そしてnが49の倍数である時、n +1かn+2が23の倍数になる例は(1)で出しているから…と伏線がどんどん回収されていく面白い問題だ。面白い問題だが、センター試験としてはやや難しいかもしれない。誘導をなくした類題が先述の2005年東大の問題なので。

 

  • 第5問

f:id:EF_510_514:20190223003656p:image

最後の問題は「図形の性質」。あくまでも図形の性質の問題なので、最初から角BACのcosとsinが提示されている。自分がセンター試験を受けた時の課程では整数と統計がない分図形の性質は必修で、選択問題になることも隔離されることもなかったため、最初は三角形に余弦定理や正弦定理をあてはめてれば解ける三角比の問題だが、途中から円周角の定理や方べきの定理を使うという、数学IA融合問題が出題されていたものだ…と、老害はただただ自らを懐かしむ。ただ、エオカキを出すには余弦定理が必要なので、この考え方は間違っていない気がする。また、内接円の半径を出すのには△ABCの面積がほぼ必須だが、そういう誘導はないので気をつけよう。

この大問で面白いのはクケ→コ→サシのコンボだろう。三角形の頂点から対辺に直線を2本引き、残りの頂点から引いた直線はその交点に当てる…ということでクケ→コは典型的なチェバの定理の問題ということになる。…が、コの値が BDと全く同じになることで事態は急変する。そう、点Qは点Bから△ABCの内接円の接点までの長さに等しいため、点Qは△ABCの内接円の接点だったのである!というところまで来れた人はサシをノー計算で埋められる。おめでとう。ちなみに、三角形の頂点から、対辺におけるその三角形の内接円の接点を結んでできる3本の直線は一点に交わることが知られており、この点をジルスチュアート点というらしい。かっこいいですね、ジルスチュアート点。上野の森美術館で開催していた気がしますジルスチュアート展。

このジルスチュアート点に関する問題、これはセンターでの図形の性質を語る上で外せない。というのも、2005年以前のセンターの図形の性質は「証明の空所補充」であった。証明を作った人が何をしたいかを、本文に書かれている定理から考えれば取れるは取れるが、解いていて奇妙な感覚のある問題だった。しかし、この問題ではQと内接円の接点の一致を証明ではなく問題を解いているといつのまにか証明できている、という形で提示している。そして、そのメッセージを読めたものには点数をプレゼントする、サシの空欄も粋だと思う。

最後のスセソは図形の性質特有のひらめきを要する、なかなかの曲者問題。時間制限に焦るとそれどころじゃないけど、なかなか面白い問題ではある。

 

  • あとがき

いかがだっただろうか?センター試験の数学は誘導が多く、数学特有の思考力を問うことができない試験であるという批判がたびたびなされていた。その結果がセンター試験の廃止→記述式問題を含んだ「共通テスト」の導入、を生んだのだろうが、今年のセンター試験数学IAは、「マーク式でも思考力は問える」、「誘導に乗れるかどうかも、数学的思考力のうち」と言った主張を問題文から感じ取れるものとなった。平均点は数学IAとしては珍しく60点を下回ってしまい、先述の目標を達成できなかったことになるが、これは今年のセンター試験が付け焼き刃で高得点取れないものだったという証とも取れる。共通テストの導入が本当に思考力を問うものになるのか?それは歴史が証明することだろう…。

(おしまい)

*1:英語、数学IA、数学ⅡB、国語、理科社会はどちらかが1科目でもう一方が2科目

*2:アンド浪人生

*3:大学によってはマーク式なのに係数1を答えさせるところがあるので気をつけよう!

*4:指導要領に整数が加わる前から「考えればわかるから」的な理由で大学入試に整数問題は出題されており、命題と論証やコンピュータの大問などではセンター試験とて多少は整数問題が出ていたが。

*5:詳しくはRSA暗号、でググろう!

*6:正確には倍数判別法のスマートな簡略化が困難

セブンイレブンもファミリーマートもラーメン二郎を売り出した!

どうも、こんばんは、オルソンです。

 

ある日、私がセブンイレブンに行くとこんな商品があった。

f:id:EF_510_514:20190212121343p:image

どこからどう見ても二郎系ラーメンである。ローソンではこういうのを売っていたと聞いたことがあった*1が、セブンイレブンも売り出したとなれば初耳…というか初目だ。なお、とみ田というのは魚介系の太麺のつけ麺で有名な店ではあるが、系列店舗である雷本店では二郎系と魚介系のハイブリットなラーメンを出しており、これがとても美味い。なので、期待しながら購入した。

f:id:EF_510_514:20190212123822j:image

なお、上写真のラベルを見るとわかる通り、コンビニのウルトラパワー電子レンジ(1500W)で温めてもらっても、2分20秒かかり、コンビニのレジに2分20秒間気まずい空気が流れるので気をつけましょう。あと、後ろのお客様が来たらどきましょう。

f:id:EF_510_514:20190212120901j:image

そんなわけでチンが終わった完成品がこちら。夜の公園で撮影したので暗いですね。ブログ始めた頃の自分に「お前はコンビニのチンラーメンを夜の公園で啜る記事を書くことになるぞ」って伝えたらどんな顔をするんだろう。

f:id:EF_510_514:20190212124921j:image

フタを開けるとこんな感じ。ネギが多すぎる感はあるものの、山盛りのもやしと粗みじんのニンニクは言い逃れしようのない二郎インスパイアだ。麺はコンビニのチンラーメンらしくブヨブヨだが、太麺ではあるため、「少し柔らかめの二郎かな?少し柔らかめの二郎に来ちゃったのかな?」と思えばギリギリ許せないこともない。上の野菜は二郎の中でも相当もやしが多いというか、キャベツが皆無。ニンニクは、まあ間違えようもなくニンニク。二郎系にありがちなニンニクを醤油かなにかで煮込んだ謎の奴じゃないことは写真からも明らかだろう。そして、写真の下部に写っているブタだが、これが見た目を裏切ることなくトロトロで美味しい。ここに関してはハズレの二郎よりかは勝ってるかもしれない。というか、ジェネリック関内二郎くらい豪語してもバチは当たらない気がする。バチが当たるとしても、このブタだけ何とか独立した商品として売って欲しい所存である。いや、本当に美味しい。しかし、写真の通り、薄めのが1枚しか入っていないのが難点だ。

麺、ヤサイ、ブタときたら最後は汁だ。この汁、とみ田監修とあって案の定少し魚介が入っている。それは良いが、かなり脂が多く、全体的に味を通しにくいのはいかがなものか。非乳化二郎といってしまえばそれまでだが。

ここまで苦言も多くいってしまったが、コンビニ麺にしては意外と再現度は高いし、流れ星のように出ては消えゆく二郎系のカップ麺より再現度も単純なクオリティも高い。二郎系という言葉が市民権を得ながら(得てるよね?)、なお全国的にどこでも食べれるほど展開している言い難い二郎のラーメンをコンビニで食べれるようにという思いの結晶としてのこの商品はけして悪くない。が、それでもなあ……………と、思ってしまうことがある。それは

f:id:EF_510_514:20190212230300j:image

値段だ。550円。「ジェネリック二郎」とも呼べるはずのこの商品、何と正規二郎と130〜150円くらいしか変わらないのである。ジュース一本つけたらおしまいやぞ?というか目黒二郎は500円やぞ?というわけで、自分がこれをリピするかというと…ないかなあ…。というか、一回二郎を知ってますからね私は。食べてる途中に「ふふ…下手だなあ…欲望の解放のさせ方がへたっぴさ…君が本当に欲しいのはこっちの二郎。でもそれは高いから、セブンの二郎でごまかそうっていうんだ…そういうのが…実にダメ…」という声が聞こえてきたので2日続けて二郎で豪遊しようかな、と思います。そんな味でしたね。

 

 

3日後…

 

 

二郎での豪遊を終えた私はファミリーマートにいた。3日連続二郎系ラーメンは胃腸が疲れる。「優しい味わい梅のお粥」でも買って帰ろう。そんなものがあるか知らないけど……………

f:id:EF_510_514:20190213022034j:image
野菜マシにんにく醤油ラーメン…だと…?「マシ」という表記、にんにく醤油ラーメンという商品名にもかかわらず「にんにく入り」を挿絵付きでアピールするそのパッケージ…こいつは紛れもなくファミマなりの二郎系ラーメンだ。………やられた。いくら二郎系という単語が市民権を得つつあるとはいえ、三大コンビニ全てが二郎系を出すことになるとは…。これは…………買うしかない…!!!!!というわけでいざ購入。味は………ブタがノーマルなこと以外はセブンイレブンの上位互換では?麺はセブンイレブンよりやや硬く(それでもコンビニチルド麺特有の腑抜け感は否めないが)、汁も塩分を感じやすい程度の脂の量、もやしのシャキッとした硬さも俺好みのもの。これでブタがセブンイレブンの奴だったら「セブンとの勝敗」という点では本当に言うことなしなのだが…。あ、量と値段はセブンイレブンと似たようなものです。二郎ほど多くないので、「これ食えたから二郎も余裕でしょ!」って特攻すると痛い目を見る可能性があるし、値段も目黒二郎より少し高い550円である。また、ファミマばっかり絶賛しているものの、結局行けるなら二郎に行った方が絶対いい。欲望の解放は上手にやらないとな。

 

以上!

(おしまい)