GW撮り鉄紀行2024

  • まえがき

どうも、オルソンです。

 

今年もGWに旅行行ってきました。そのことを書きます。以上です。まえがきって何書けばいいんでしょうね。タイトルあるのにまえがきっているんですかね。でも、ないと落ち着かんよね

 

 

  • 5月2日

この日は早起きして6時発の新幹線のぞみに乗車。新下関を目指す。

f:id:EF_510_514:20240506181454j:image

この日も朝食は「品川貝づくし」東海道新幹線乗ったらこれ一択なので、弊ブログには品川貝づくしの写真が5枚くらいあります。全部探してみてください。

お値段据え置きながら、貝の量は少し減った気もする。しかし、味は変わらず。味が落ちて量が多いままだとガッカリがいっぱいになってしまうので、あの隠れ値上げやめてほしいよね。量を落とす方がまだ賢明。それか潔く値上げせえ。

さて、東海道新幹線の車窓といえば「富士山」や「727Cosmetics」や「三洋ソーラーアーク」といった見どころが車窓に多いことで知られる。そういったものを楽しもうと思っていたのだが………まあ、6時に新幹線乗るために早起きして品川貝づくしをつまみに酒を飲んだら眠くなるしかないですよね。起きたら山陽新幹線になっていました。

しかも、こののぞみは新下関に止まらない。なので、広島でこだまに乗り換える。

f:id:EF_510_514:20240506182249j:image
f:id:EF_510_514:20240506182246j:image
f:id:EF_510_514:20240506182252j:image

こだまは500系でした(写真は徳山で退避中に撮ったもの)。500系はいいよな〜。

f:id:EF_510_514:20240506182524j:image

そんな500系の中で、広島駅で売っていた地ハイボールとホルモン天ぷらを買う。このハイボール、スモーキー感がエグくて結構驚かされた。7%と思えないくらい濃いのである。ただ、濃いと思っていたのはアルコール感ではなくスモーキーさなのであった。あと、ホルモン天ぷらはホルモン特有の噛みきれなくて残る感じが揚げることでなくなっており食べやすい。

新下関で降りてすぐのところに撮影できそうな場所を見つけているので、そこで電車を撮ることにする。

115系瀬戸内色

近年、JR西日本は「懐鉄キャンペーン」と称してリバイバル塗装に力を入れている。国鉄型車両が多く残るJR西日本だからできる技。

お目当ては来たのであとは、115系105系123系を撮ればもう帰っていいのだが………

 

115系

リバイバルしていなければ、こんな色です。「単色化計画」ってマジで何だったんだ。本当に経費節約できているのか?

115系しか来ない。参ったな…。そりゃ最終的に流し撮りするしかないくらいには飽きるわな。今更になって運用を調べると、105系123系山陽本線に入ることはほぼないのだとか。今更なのが祟りましたね。宇部線とかに転戦するべきだった。

下調べなしに宇部線行くほどでもないとし、123系を待つ。

結構序盤の方できた、キハ47の試運転。何とよく見ると後ろがない。それを撮るべきだったよね。

123系

国鉄末期にできたローカル線用の車両。国鉄末期にできたため、山梨県などでも走っている。

これ以降、別の車種が来ることはないらしい。仕方ないので、新下関に戻る。

f:id:EF_510_514:20240506182708j:image

遅めの昼飯として、ふく天そばをいただく。その辺の白身魚とはまた違う味なのはわかる。ふぐ、美味いじゃん。毒を取る手間かけるほどかは別だけど美味いじゃん。

ちなみに、これも新下関駅舎内ですが、「テナント募集」していたので、何も食べれないし、いつ見れなくなるかもわかったもんじゃないです。

このあとは、新下関で新幹線を撮ることにした。

N700系しか撮れなかったが、時間をずらすのもアレなので今日の宿である湯田温泉へ移動。
f:id:EF_510_514:20240506182713j:image
f:id:EF_510_514:20240506182715j:image
f:id:EF_510_514:20240506182710j:image

湯田温泉はいわゆる温泉街ではあるが、県庁所在地である山口市内で新山口駅山口駅の間にあるため、銀山温泉城崎温泉のように温泉街100%に全振りすることを許されていない。許されてはいないため片道2車線でチェーン店の並んだ県道もあるが、その県道をちょっと入るだけで一番下のような写真が撮れる。この、市街地と温泉街のキメラ的な魅力は、ちょっと新感覚かもしれない。そんな新感覚な街で私は「おんせんの森」という場所に行った。写真が一個もないのだが、スーパー銭湯のような施設で、もちろんお湯は湯田温泉のもの。温泉、ジャグジー、サウナと奇をてらった施設はないが、最低限揃っている。あ、あと打たせ湯はあったか。あれ気持ちよかったな…。おんせんの森でしばしダラダラし、時間を潰す。なにしろ、この日の宿は、早くチェックインしすぎると宿泊料金が高くなってしまうから………。

しばしダラダラしたところでお腹が空いてきたので、夕飯を食べに行く。

f:id:EF_510_514:20240506184329j:image

夕飯その1として選んだのは「資さんうどん」。福岡ローカルの店だが、3月の九州旅行で行けなかった店が湯田温泉にあるということで行くことにした。「江戸の仇を長崎で打つ」ってこう言うことだと思うんですけど、江戸の仇にあたる方が九州にあるのでややこしいですよね。
f:id:EF_510_514:20240506184327j:image

冷やしぶっかけうどん、海老天、鳥つくね、そしてうどんの裏に隠れているのは椎茸(を甘辛くしたやつ)ですね。これだけ頼んで1090円。冷やしぶっかけうどんからファインダーはみ出しているやつはごぼ天で、「冷やしぶっかけうどん」という商品名なのについてきている。生卵も同様。

安いのみならず、しっかり美味しい。鳥つくねなんか、200円にしては破格のジューシーさだったな…。
f:id:EF_510_514:20240506184324j:image

また、資さんうどんの特徴として、とろろ昆布トッピングし放題というのがある。これが汁を吸うスポンジかつ、出汁を放出するのでまた美味い。福岡のうどんはコシがないけど美味しい。あれ何なんでしょうね。「コシがない」だけだと悪口になっちゃうよね。でも「デロデロ」とかじゃなくてちゃんと自我を持ってますからね。

このあと、夕飯その2、またの名をはしごというやつをする。今度は「だんだん茶屋」という店へ…。ここでは今度こそ山口名物を食べることに。

f:id:EF_510_514:20240506185121j:image

これはこれで山口名物である日本酒、獺祭。徳利に当たる容器が見たことない形をしている。ししおどし受け水が来たのかと思ったが、飲んだら獺祭でした。よかった。

f:id:EF_510_514:20240506185114j:image

ふくの塩辛。ギュッと身が詰まった食感で美味しい。
f:id:EF_510_514:20240506185119j:image

ふくのたたき。これはオーダー失敗だった。炙られることでふぐの奥底の風味とか食感とかふぐのいいところが全部なくなってしまった。ケチらずふく刺身を頼むべきであった。
f:id:EF_510_514:20240506185124j:image

鯨の竜田揚げ。給食以来だと思い頼んだが、九食ほど固くない。鯨もいいものは硬くないんかい!横のマヨネーズはつけない方が懐かしかったです、そりゃそうだよな。
f:id:EF_510_514:20240506185117j:image

くじらの赤身刺しも食べた。
f:id:EF_510_514:20240506185112j:image

〆2号にあたる山口名物「瓦そば」。だんだん茶屋では鉄板の上で焼いている。茶そばの茶の香りを感じるために焼くという発想、牛肉の油を茶そばの苦味で中和する発想、と発想はわかるのに何かが違う……何が違うんだこれは…。

 

しこたま食って飲んだので、さすがに「快活CLUB山口吉敷店」という名の宿へ向かう。そろそろ快活卒業かなと思いつつ、やっぱりGWはホテル高いんだよ。

 

  • 5月3日

快活CLUBより起床。

f:id:EF_510_514:20240506190048j:image

前日から気づいていたが、ポップアップトースターがあるタイプの快活じゃん!昔だったらポテトも食べ放題だったであろう快活じゃん!

全店舗あるわけじゃないからな〜嬉しいよなあ〜。

f:id:EF_510_514:20240506190243j:image

快活CLUBはドリンクバーにソフトクリームがあるため、ポップアップトースターのある快活CLUBでは、無料でシロノワールのニセモノを錬成することができます。お値段なりというか無料でシロノワール錬成したらこうなるよなって味がするのでぜひ皆さんもやってみてください。快活行く機会がない方もこれなら再現できると思うので。

さて、朝食を無料で済ませたところで、この日もまずは新山口へ向かい、瀬戸内色115系を撮ることにした。

115系瀬戸内色

救いようのない逆光。

まあ……早起きで宿泊費が下がったのでヨシとしましょう。ナイト12時間パックだったのでそんなことない気もしてきましたが……あまり計算しないことにします。

このあとは、大本命ということで津和野に移動。その大本命とは………SLやまぐちである。この日は2022年から故障していたSLやまぐちの初日。「5月ごろ復活」というニュースだけを見て、「GWに被せてくるだろう」という憶測だけで予定を立てましたからね。

津和野駅に到着すると、駅前に「荷物預かり」というのを見かけた。そこへ行くと、何とさらにレンタサイクルもやっていた。自転車を借りたら荷物預かりは無料、しかもレンタサイクルは最大800円。もちろん借りましたよ。快調に撮影地まで行けるぞ!800円で人類が受けていい恩恵か?

途中、第4種踏切*1を見つけるも、そこへ通じる道にマジの毛虫のカーテンがあり、それをペットボトルで打ち落としてまで行ったのに全然撮影地として使い物にならなかったりして何とか撮影地に到着。

SLやまぐち号

イベントとして山口線にSLが走り出したのは1979年のこと。長い歴史がそうさせるのか、警笛ひとつとっても厚みが違う。マジでかっこいい。他のSLと比べても違う。来てよかった〜!

ということで、SLやまぐち号の帰りまで待つ。が、3時間近くある。

キハ187

新山口鳥取を縦に結ぶ特急「スーパーおき」珍しい、振り子式気動車

先に撮影地へ行ってキハ187は撮ったが、まだまだ時間がある。しかも、ほとんど列車は来ない。ということで高砂酒造資料館なる施設にも行く。なぜなら意外と無料だし、屋内の方が涼しいから。

キハ40

最後の練習電(電ではないけど)。なお、後追いの模様。

マジで30人、いや40人近い撮り鉄がSLを待つ中、ついに警笛が遠くから鳴り響き、やってきた。

ただ目的が一つというだけで心がひとつになったような、そこまででもないようなこの瞬間いいよなあ。と思って撮った写真。

SLやまぐち号

帰り。ここは古くからの有名撮影地であり、地元の警備員もいた。

後追いでもカッコいいと思って撮ったら手前の草にピントが合ってしまった。

さて、このあとはもう16時過ぎだが昼飯だ!ということで津和野駅前まで行き、津和野名物「うずめ飯」をいただく。f:id:EF_510_514:20240506222053j:image

うずめ飯とはわさびと海苔が乗ったご飯に出汁がかかっているもの、ではなく
f:id:EF_510_514:20240506222050j:image

下に鶏肉や椎茸などが埋められているものである。江戸時代に贅沢を禁じる命令が出たときに、命令を守っているフリをするためにご飯をうずめたのが始まりらしい。中学入試の読解で、「運動会のときにおかずを入れるのを禁止され、弁当のとき、弁当を開けたら下から卵焼きが出てきたのでコソコソ食べた」みたいな文章があったのですが、それと全く同じ経緯で生まれたものだったんですねえ。

さて、このあとは、もう一回湯田温泉よって風呂入ってももよかったが、結局面倒になったので、まっすぐ新山口に戻って土産も新山口で買うことにした。そして、魚鮮水産という駅コンコースの居酒屋で夕飯とした。

f:id:EF_510_514:20240506222825j:image

魚鮮水産では、山口名物を押しており、そのうちの「おいでませ御膳」を注文。瓦そば、フグの一夜干し、長州鶏ポン酢と山口名物が揃っており、その上なぜか寿司3貫もあるのが特徴。

f:id:EF_510_514:20240506230532j:image

瓦そばなんか見てくれよ。ガリガリに焦げてかた焼きそばみたいになってるぜ。ここまでガリガリに焼いてるのが正しいかはわかりませんが、先述の瓦そばの意味みたいなのはよりわかりやすくなった気がする。おつまみとしてみたらこれが正解な気もするし。

このあとは、櫛ヶ浜にあるホテルまで移動……と言いたいところだったが、湯田温泉でダラダラしなかったため、ちょっと早めに着いちゃったんだよねえ…。実は今夜の宿もあんまり早くすると高くなっちゃうんだよねえ…。

ということで、何か暇潰せねえかと思っていると窓の外に火がついているのを見つける。何かと思ったが、実は初日の新幹線でも見かけたのだが、徳山はかっこいいコンビナートが広がっていた。ということで夜の工場の撮影を試みることにした。夜の工場撮影なんか三脚なしでやることではない。柵とかにカメラを載せることで出来る限りブレを防ぎつつ写真を撮った。

電車の窓からも見えた工場の火はフレアスタックと呼ばれるもの。有害なガスを燃やして無害にして排出しているらしい。

これらの写真のために何度も削除→再挑戦を繰り返したので、このあとは潔くこの日のホテルこと、快活CLUB周南久米店へ歩くことにした。

と、思ったが途中、櫛ヶ浜駅もいい雰囲気なので撮影しつつ、快活へ歩いた。

 

 

  • 5月4日

この日も、朝食でシロノワールのニセモノを錬成した。

その後、私は櫛ケ浜駅から徳山駅へ行き、そこからこだま号で新倉敷へ向かった。徳山駅から新幹線が出てからしばらく、昨日の仇のように徳山の工業地域を撮影した。

倉敷では、水島臨海鉄道を撮影。水島臨海鉄道も、思えば倉敷市駅と工業地帯を結ぶ鉄道である。

キハ37

水島臨海鉄道も、JRから譲り受けた古い国鉄型自動車をリバイバル塗装させている。写真は八高線で昔走っていたもののリバイバル

キハ30

千葉県民である自分にとっては、久留里線をかつて走り、この塗装のリバイバルもしていたことを知っているこちらの方が馴染み深い。折り返しは逆光になるのをわかっていて、これを撮っている。それでも側面の、できるだけ人を多く乗せるための外吊ドアはなんかはよく映っている。映っているよ、うん。

381系

撮影中にやってきた国鉄色。あと何回国鉄色を見れるのだろうか…

このあと、清音駅に移動…する予定だったが、一旦岡山駅に引き上げ、岡山で昼食。

f:id:EF_510_514:20240509131518j:image

f:id:EF_510_514:20240509131524j:image

花門Sなるお好み焼き屋で岡山名物「カキオコ」をいただく。お好み焼きに牡蠣が入ったものなので、お好み焼きに牡蠣が入った味がするのみだが、この店のお好み焼きは美味しかった。ちなみにマヨネーズがついてきますが、牡蠣は結構ミルキーなのでマヨネーズつけない方が美味しい、半分以上食べてから気づいた。
f:id:EF_510_514:20240509131521j:image

岡山名物「ホルモンうどん」もあったのでここで履修。鉄板で焼けた味噌ダレとホルモンが混ざった美味しさ。あと鉄板で急速に焼いたからか、キャベツと玉ねぎが甘み抜群!これまたお酒進んでしまいますな…

腹一杯になったところで、清音駅へ移動することにしたのだが、岡山駅の放送によると、伯備線が落石を検知したため、運転を見合わせ、岡山発やくもも1本運休になったという。ピンチ!とはいえ、清音までは動くので、清音の撮影地にとりあえず移動。

列車の位置を確認できるサイトを開いて更新ボタンを押しまくったり、運転再開時刻を調べていると、何とか13時くらいには動き出した。

227系500番台

岡山地区の普通列車に新車が入るのは、マリンライナー以来らしい。岡山も広島も、長かった国鉄時代は227系が終わらせる。

213系

国鉄時代にマリンライナー用に作られた車両。JR化後にマリンライナーがJR車に置き換えられてからは岡山県内で散見されるようになる。

287系

練習用の普通列車と、本番の特急で長さ違うのやめてほしいよね。失敗しちゃうから。

287系

やくもの新車。前面はともかく、側面まで見るとそこそこカッコいい。

381系

リバイバル塗装の一つ。赤いやくも。先述の遅延に対して「動かせるところまで動かす」というスタンスで運行したため、287系やくもから30分後にやってきた。往年の北陸本線かと思った。

381系

緑やくも………なのだがGWゆえの混結編成で、前に赤やくもが来てしまった。

緑やくもは6月に終了するので、私が撮った緑やくもはこれにて終了です。

このあと、緑やくもの折り返しを撮るか迷いつつ、岡山を経て京都へ移動。結局、やくもは撮らずにひかりの自由席で移動することにしたが、伯備線が遅れていたためひかりに乗り遅れ、のぞみに乗車。もちろん指定席。だったらやくも撮ればよかったね。

京都に着いたのは夕方。ということで、京都に住む後輩2人とともに、焼肉食べ放題へ。なぜ京都まで来て焼肉食べ放題かって?そういう店を予約してくれようとはしたけどGWで無理だったからですって。誠意が嬉しいよなあ。あと、普通に焼肉美味しかったです。牛角の2倍の値段だったけど、サービスと肉質がさすがに牛角よりよかったです。石焼ビビンバ頼んだら、「こちらで混ぜましょうか?」と質問された上で混ぜてくれるんだもんな。
このあとは、後輩の家に泊めてもらい一泊した。この旅は、快活CLUBと人の温かみによって成り立っています。

 

  • 5月5日

京都市某所の後輩宅から某駅を経て、JR総持寺へ。実は後輩から「朝早く行けば銀河が通過する」と聞いていたのだが………車庫に銀河がいた。何でよ。調べてみるとGWだけは銀河が運行してないのである。参ったね。

283系

オーシャンアローとも呼ばれる「くろしお」。1996年登場と比較的経年劣化していないと思うが、287系などの後釜が台頭しているのもまた事実である。

683系

青い帯が入っているのでサンダーバードである。

223系

言わずと知れたJR西日本の花形、新快速である。転換クロスシートなのでラッシュ時に乗ったらおしまい。

HC85形

1日1往復だけある大阪発着のひだ。まだあったんですねえ、HCに置き換えると同時になくしてるかと思ってた。

281系

関空アクセス特急はるか。見かけたはるかが全てこのラッピングだった。「HARUKA」て、サイバージャパンダンサーズじゃないんだからさ

289系

683系と似ているというより、交直両用の683系から交流機械をぶんどったものなので、同じ形である。ただし、横の帯の色から「こうのとり」など福知山線の特急であることがわかる。

 

289系

最後の最後だけ非貫通型かい。水色帯なので「くろしお」である。

このあと、天王寺駅前に移動し、阪堺電車を撮影した。

天王寺駅前駅から出ている阪堺電鉄の路面電車を撮ることに。路面電車を路上で撮影すると、どうしても自動車被りがちになるのですが、片側2車線という交通量での路面電車撮影はさすがに初めて。なんとか自動車を被せないようにするというポケモンスナップ的な技量が問われる。なので、ポケモンスナップやりたい人は天王寺駅前にくればいいと思います。自転車ニキでお馴染みの江ノ島駅付近や都電の飛鳥山付近でも同様の体験はできますが、この交通量でできる場所はある意味貴重ではないでしょうか?ちなみに、路上駐車用のスペースがあり、そこに駐車されると撮影地が絶滅するというギミックも。

そんななか、今回のターゲットであり、96年目の電車であるモ161形が登場。

入線から撮ることで試行回数を稼ごうとしているが、もう失敗している

入線の後追い。車体が白いのは自動車と被せないようレンズをいじりながらシャッターを切ったからであり、実際はこんな鳥のフンがかかったようにはなっていない。

出発時もあまりうまくいかず。無念。

ランボー怒りの後追い

このあとは、京阪を撮影しに、石清水八幡宮駅へ向かった。途中、京橋駅改札内で「道頓堀くくる」のたこ焼きを食べた。そのときの話はこちらの記事をご覧ください。

さて、石清水八幡宮駅に着いたので、さっそく京阪を撮る。

8000系

言わずと知れた、ハトのマークの京阪特急なのだが…

光線がまた酷すぎねえか?特に、編成の後ろ(写真の左側)に光が回っていなさすぎる。いささか午後早めに着きすぎてしまったようだ。何とかこの近くでヒマを潰せる場所があれば……………

 

石清水八幡宮」があるじゃん。

 

石清水八幡宮」は、もちろん石清水八幡宮駅前にある寺院。中学国語で出てくる*2仁和寺から来た僧侶が山のふもとの寺院だけを見て満足し、山に登る人がいっぱいいたのは何だろうと思いつつ帰ってきた」というお話、「仁和寺にある法師」に出てくる寺院である。

2019年に、アクセスの利便性を押し出すために「八幡市駅」から改称したにも関わらず、アウトカーブで京阪電車が撮れるからというだけで石清水八幡宮駅を訪れ、そのまま寺院は見ずに帰るようでは、私もまた仁和寺にある法師になってしまう。ということで、石清水八幡宮駅の改札を降り、石清水八幡宮に向かうことにした。

石清水八幡宮の本殿は山の上にあり、そのために仁和寺にある法師は見逃したようだが、現代はケーブルカーにより本殿へ直行である。ただし、本殿だけ見て、ふもとにある寺院を見逃してしまう逆仁和寺には要注意。

ケーブルカーで山頂まで登ると、京都タワーや嵐山など、京都市を一望できる展望台もある。

当然、京阪線の線路も見えるため、俯瞰での撮影も可能。とはいえ、京都市ほど近くということで映り込む障害物は多いし、何よりせっかく登ってもなお京阪撮っているようでは仁和寺がすぎるので、本殿へ急ぐ。

そこそこ暑い中歩き回り、本殿にたどり着いたと思ったら、まさかの大改修事業実施中。まさか、本殿来たのに仁和寺になってしまうとは。

と思ったら、本殿へ入る門だけが工事中で本殿はやっていた。あっぶね〜。あの門だけ見て帰ってたらマジ仁和寺になるとこだった。あぶね〜。

仁和寺を回避できたところで、別アングル。

本殿の奥には校倉造もあった。ここにもあったのか〜。湿度が上がると木が膨張して木の隙間が小さくなるので中の湿度は一定になるから正倉院という倉庫的な建物で使われていた校倉造が。

竹林めっちゃ綺麗。これだけ見に行くために登ってもいいかもしれない。それは仁和寺すぎるか。

春でも赤いモミジ。平安貴族がアリバイ工作のために植えたのかもしれない。

エジソン記念碑、というのがあるので歩いてみたらこんな銅像があった。ただ、この銅像には何の看板もついていないので、このおっさんがエジソンである保証もないし、これがエジソン記念碑である保証もない。看板がないので、なぜ石清水八幡宮エジソン記念碑があるのかの説明もない。

ここでクイズです!

 

なぜ、石清水八幡宮エジソン記念碑があるのでしょうか?

 

ヒントは…ここまでこの記事を読んだなら推理できます。

 

答えは…私がフランクフルトを食べ終わったら、発表します。

石清水八幡宮には鳥居もある。ここから参道を降りていき、ケーブルカーの駅とは別の入り口へ戻る。そこから、麓の寺院も見て、逆仁和寺を防ぐ。

こちらが、仁和寺にある法師が見に来たとされる「高良神社」と「極楽寺」である……が、「極楽寺」は戊辰戦争により焼失し、その跡だけが残っている。

こちらが、仁和寺にある法師かない法師かの分かれ道。左側が石清水八幡宮への入り口で右奥へ伸びるのが参道である。私は、高良神社側、すなわち仁和寺にある法師の道側からこの写真を撮っている。

先ほどの写真の交差点にある看板。もちろん、左に行けば仁和寺、右に行けば仁和寺回避となる。

石清水八幡宮駅を降りて右へ曲がるとケーブルカーの駅があるが、ケーブルカーを無視して、石清水八幡宮駅を降りたら左へ曲がると、このような景色が広がり、そして本殿や高良神社へつながる入り口が出てくる。逆仁和寺を防ぐのであれば石清水八幡宮駅を降りて左へ行った方がいいことになる。とはいえ、そこからのルート次第では仁和寺になってしまうので注意が必要。また、ケーブルカーを無視して登山するということで相応の体力がないと登山できずに仁和寺になってしまうので注意が必要である。実際は私のように本殿までケーブルカーで直行し、下山するときに高良神社側に下りることで逆仁和寺をブロックする戦術がベターであると書いておく。なぜなら、すこしのことにも、先達はあらまほしき事なりだから………。

下山して駅前に出ると、「もより市」なるコンビニがあった。京橋駅ホームにもあったので、京阪がやっているキオスク的なやつなんだろうな、と。

f:id:EF_510_514:20240509022753j:image

店内を見ると、「京橋名物フランクフルト」なるものがあった。京橋じゃなくてもフランクフルトはあるんだよ。大きなお世話かもしれないが、そんなメジャーなもんを名物にして大丈夫か?NHKの番組でも紹介されたって書いてあるけど、こんな普通のもんどうやって紹介するんだよ。逆にこの番組のMCで絵にもなっている中川家の腕の見せ所かもしれないけど、TVなんだからもっと変わったもん紹介してもらった方がいいって。いくらにいくらを潰した汁かけたやつとか、トンカツを輪切りにして絞り出した豚汁とか、イタリア風ポトフとか、そういうのを名物にした方がいいですよ。京阪のためにも京橋のためにもTVのためにも。
f:id:EF_510_514:20240509022749j:image

ホームで出して食べることにした。うーん、焦げ目が綺麗についているのが素晴らしいが、どうせ普通のフランクフルトなんだろうな…

と思い、食べてみると皮はバッツンバッツン、焦げ目のところが特に香ばしく、肉も粗挽きめなのが嬉しい。これを書くために見返すと140円だったんですね。だとしたら、コスパいいよ。そりゃ京橋名物だよ。あー、美味しかった。正解は「白熱電球のフィラメントに石清水八幡宮の竹が使われていたから」です。

ということで、ここから京阪撮り鉄を行う。

1000系

1977年登場。現在の京阪の最古参。

少しだけ光線が良くなったと捉えるか、少ししか良くなってないと捉えるかは読者次第です。

ミャクミャク電車

特急に使われる8000系と3000系が1編成ずつ、大阪万博でお馴染みのミャクミャクラッピングになっている。

3000系

2008年に中之島線開業に伴ってできた車両。

13000系

2012年登場。旧型車両を置き換えることを目的としているらしい。

9000系

1997年登場。2008年にセミクロスシートからオールロングシートに改造される。

6000系

1983年登場だが、2013年に機械の面を含めたリニューアルが行われている。西の鉄道は物持ちがいい。

京阪8000系

現在の京阪特急の主力にあたり、初代京阪特急よりある鳩のマークや、特急特有の塗装を忠実に受け継いでいる。ちなみに京阪は特急が15分に1本くらいあるので飽きるほどくる。

 

京阪8000系

飽きるほど来るのでアウトカーブ流し撮りに挑戦したくもなる

京阪6000系•3000系

コンデジ時代が長かったからという理由で、流し撮りに自信がある。

京阪8000系

2階建て部分だけ流し撮りとかもする。なぜなら、飽きるほど来るから。

京阪3000系

ミャクミャクラッピングでもプレミアムカーだけは自我を保っている。万博がプレミアムだと思っていないのかもしれない。



このあとは、鳥羽街道駅奈良線205系を撮ろうと運用を調べておいた。そのために準急に乗り、丹波橋で特急に退避された後……車掌の放送によると奈良線は運休していた。そう、あの、四塩化一黄酸事件である。いやいや、そういうので運休するなとは言わないけどさあ…なんで、特急接続終わった丹波橋出発直後に言うん?諦めたら俺、丹波橋で乗り換えるじゃんか。
その後、京都駅は騒ぎになっているようだし、行けたとしても新幹線は指定席だから時間余ってるし、夕飯には中途半端な時間だしで、京都の街をぶらぶらすることに。
しかし、チェーン店以外の店は行列が長いか予約が埋まっており、無念。

ぶらぶらしていると、京都駅の立ち入り禁止が解かれたので、京都駅の構内で店を探す。どうにもパッとしないなかで、「土井」なる店を見つける。
そこは……
f:id:EF_510_514:20240512032843j:image

京都の漬物、おばんざい食べ放題という店だった。明らかに観光客を釣りすぎている感のある店にまんまと釣られることにしてしまった。
f:id:EF_510_514:20240512032846j:image

とはいえ、味のクオリティはけして低くない。菜の花の漬物に、みずみずしいナスの漬物、蓮根もシャッキリ感がちょうどいい厚さ。
f:id:EF_510_514:20240512032841j:image
バイキングのためにはもちろん一品目頼むわけで、それがこの「甘きつねと九条ネギの卵とじ御膳」。すんきなど3種の漬物がついており、「お前らそっちにいたのか!」と言いたくなりますね。
ご飯もおかわり自由ということでたらふく飲み食いしたので、このあとはのぞみに乗って帰るのみだった。京都駅で乗った時指定席なのに「5号車と11号車を間違えていた人」が先に座っていて居眠りしていた以外は特に何も起きず、無事帰宅した。
(おしまい)










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:遮断機も警報器もない踏切

*2:国語の教科書に出てくる、あるある。出版社違くて通じながち

【FF外とか関係なく大歓迎】電車でGO!アーケード版がある場所徹底調査!【デマはダメよ】

電車でGO!というゲームがある。その名の通り電車を運転するゲームである。1997年2月に稼働を開始、一大ブームを巻き起こしたらしい。

一大ブームを巻き起こしたかどうかをリアルタイムでは知らないが、1997年2月に稼働し、1997年12月にPS版へ移植され、1998年3月には「電車でGO!2高速編」も出たということで、タイトーが手応えを感じまくっていることだけはよくわかる。北越急行ほくほく線と、東海道線新快速の知名度向上に寄与したことは間違いないし。

その後、2004年に電車でGO!FINALが出たが、これは現状のゲームマシンの中でのFINALという意味である…ということでPSPやDS版も実は出ている………というのはCS版の話。AC版は2000年3月に稼働した電車でGO!3まででナンバリングは終了となっている。

ということで、20年以上経つゲームであるため、AC版を遊べる場所は少ない。もうない、のではなく「少ない」というのがポイントでまだあるにはあるのである。しかし、現在稼働しているAC機と異なり、店舗一覧が存在しない。そりゃそうだ。ということで、今回、インターネットの情報を集合させ、弊ブログを電車でGO!稼働店舗一覧にすることを決意した。なので、皆さんからも募集します。募集のルールは以下の通り

1、「電車でGO!」のみであって「電車でGO!!」は対象外。ただし、「がんばれ運転士!」は対象。

実は、2017年に電車でGO!の最新版のAC機は出ている。しかし、こちらは現在好評稼働中であるがゆえに、稼働店舗一覧も存在するため調査対象外である。

f:id:EF_510_514:20240506234930p:image

見た目で言っておくと、この三面鏡みたいなやつや、

f:id:EF_510_514:20240506234838p:image

痴漢プレイ用のセットみたいなやつは対象外ということです。

f:id:EF_510_514:20240506235004j:image

こちらの細タイプが対象です。ただし、電車でGO!、電車でGO!2、電車でGO!3はどれでもOK、むしろ超お助かり情報となります。また、電車でGO!の姉妹的位置付けのがんばれ運転士!も対象とさせていただきます。姉妹版というか、CS版は電車でGO!旅情編なので。

2、AC版はアーケード、CS版はコンシューマ。今回の対象はAC版のみ。

今回募集するのはAC版であってCS版ではない、と。ACというのはアーケード、つまりゲーセンにあるデカいやつのことでCSというのはプレステとかSwitchとかゲームボーイとかDSとか一般家庭にあるゲーム機のこと。そして今回はCS版は対象外です。なので、「ウチではまだまだPS2が現役で、電車でGO!3やってますけど?」、「俺のサークルの部室には電車でGO!とプレステあるぜ」、「電車でGO!、近所のブックオフで100円でした!」といった情報は今回受け付けておりません。

3、画像があると嬉しい

デマはダメよ、というのはタイトルにあるし当然として、画像があると嬉しいです。何のバージョンがあったかも画像一発でわかるのでそういう意味でも画像が助かります!ただ、何となく見かけたくらいの情報でも地名がハッキリすれば意外とファクトチェックできそうなので、それくらいの情報でも送らないよりは送ってくれた方が助かります!

4、稼働停止の情報も募集中

情報って上げた途端劣化が始まりますからね。「この記事当てにして行ってみたけど、ねーじゃねえか!」みたいなのも情報となります。削除という形で対応させてもらいます。ただ、なにぶん管理人一人で現地へ赴いてのチェックも困難なものですから、申し訳ございませんが、あんまり当てにしすぎないでください。

5、応募フォーム?そんなものはない!

なかったらアカンやろ、ということでこの記事のコメント欄、そして私のTwitterアカウントである(@EF_510_514)へのリプライまたはDMを応募フォームとします。Twitterアカウント持っていない場合はコメント欄にコメントお願いします。DMはFF外のもオープンにしているので、FF外だろうとどしどし送ってください。

 

ということで、あとは情報がこちら……

  • 北海道

ジー・バオア・グー

→北海道は札幌市、北24条駅前にあるゲーセン。レトロゲームメインであるが、電車でGO!2と3も稼働しているらしい。

 

情報なし

 

情報なし

 

情報なし

 

ビッグハウス小牛田店

→なんとスーパーマーケットなのだが、電車でGO!初代が稼働しているらしい。

 

ヤマコーボウル

山形駅にほど近いボウリング場。電車でGO!2、3、がんばれ運転士!が稼働しているらしい。

リナワールド

→東北最大級の遊園地らしい。ゲームコーナーがあり、そこに電車でGO!2があるらしい。ちなみに、立地が東北なので11月から3月にかけて閉園するらしいので要注意。

 

情報なし

 

  • 栃木県

カルマーレ宇都宮

宇都宮市内のショッピングセンター。大きいショッピングモールのどこかに1プレイ10円の電車でGO!3があるのだとか…

那須ハイランドパーク

→北関東最大級の遊園地にゲームコーナーがあり、電車でGO!2が稼働しているという

 

アースケア桐生が丘遊園地

→電車でGO!初代が稼働しているらしい。

碓氷鉄道文化むら

→初代、2、3が揃い踏みしていたはず。………と思いきや、初代が故障し、代わりにがんばれ運転士!が稼働中らしい。何で代えられるんだ、がんばれ運転士!もそんなに新しい筐体じゃないのに。群馬県横川駅前にあり、結構車両の状態が当時ですら痛ましかったので行ってあげてください。

伊香保グランドホテル黄金の湯館

群馬県伊香保にあるホテル。レトロゲームコーナーがあり、インベーダーの類似ゲームなど明らかに電GO!より上の世代のレトロゲームコーナーがあり、その中に電車でGO!3もあるらしい。

 

情報なし

 

  • 埼玉県

秩父ミューズパーク

→電車でGO!初代が稼働しているらしい。地方の遊園地・観光地は狙い目ではあるが、地方の遊園地・観光地ならあるってわけでもないのでやはり狙いにくい。

 

  • 東京都

青梅鉄道公園

→2か3かあったはず……だが、2023年8月末にリニューアル工事のため閉園。2025年度末開園予定だがその際電車でGO!は生き残っているのか!?去就が注目される。

プラレールが走るカフェ子鉄

→東京都西尾久にあるその名の通り店の中をプラレールが走り回るカフェ。電車でGO!3が現存しているらしい。

セレオ国分寺

西国分寺駅にあったものが使われているとの説も発見*12と3がある模様。

Hey

秋葉原の電気街にあるゲームセンター。電車でGO!初代と3があり、電子マネーに対応しているらしい。ただし、3の方は調整中という証言もある

 

  • 神奈川県

タイトーステーション溝の口

まさかのタイトーステーションというタイトー直営ゲーセンであり、いまだに電車でGO!2と3も稼働しており、最新の電車でGO!!と共存しているのだという。

コーナン鎌倉大船

→ホームセンターコーナンを含むショッピングモールで、R階の駐車場から店への入り口にゲームセンターがあり、その中に電車でGO!3があるらしい。

箱根園

芦ノ湖遊覧船乗り場もある、総合レジャーランド的な施設。この中のショッピングプラザとかいう土産屋の中に電車でGO!3があるらしい

東京バッティングセンターNO.3(PART3)登戸

→「東京」とあるが、神奈川県である。電車でGO!2があるらしい。

 

  • 千葉県

勝浦ホテル三日月

→電車でGO!初代が稼働。またもホテル。

 

情報なし

 

Kid's US.LAND山梨富士山店

→道の駅富士吉田併設。子供たちの遊び場であるため、大人入場不可だが、保護者の暇つぶし用と思われるレゲーコーナーがあり、その中には電車でGO!3もあるらしい。あと、音量がバカデカいらしい

八ヶ岳ロイヤルホテル

→電車でGO!3が稼働しているらしい。

 

  • 長野県

情報なし

 

情報なし

 

情報なし

 

  • 石川県

情報なし

 

プラザロコ

大井川鐵道新金谷駅前にある土産屋に電車でGO!2-3000番台があるらしい。ただし、ブレーキレバーが故障しているらしい。直るのには期待できないし、それが原因での撤去すらもありうる。

 

OSボウル

岐阜県美濃太田駅付近のボウリング場。電車でGO!初代があるが、マスコンがぐらついているらしい。直るのには期待できないし、それが原因での撤去すらもありうる。

恵那峡ワンダーランド

岐阜県の遊園地。ゲームコーナー内に電車でGO!2がある。

 

  • 愛知県

津島児童科学館

→科学博物館だが、展示室のど真ん中に電車でGO!2があるらしい。ただし、はくたかが運転できないらしい。

 

 

イオンタウン野洲

滋賀県にあり、最寄り駅は東海道本線野洲駅だが、そこからも3km以上離れている。送迎バスとかあったらいいですね。ここの一階のフードコート付近の小さなゲーセンに電車でGO!3があるらしい。

 

鳥羽一番街

近鉄鳥羽駅前にある施設。電車でGO!2が稼働していた。ちなみに、筐体には3000番台と書いてあるが、実際は3000番台ではないので、プレイできる路線が少ない。余談だが、ブルちゃんのおや2や電流イライラ棒も稼働していた。

 

情報なし

 

情報なし

 

情報なし

 

タイトーステーション大阪日本橋

まさかのタイトーステーション再び。しかも、直営だからなのか、初代、2、3、がんばれ運転士が全て揃っており、しかも電子マネーに対応しているらしい。

ピュアハートキッズランドフレスポしんかな店

堺市にある「フレスポしんかな」というショッピングモール内にある子供用の遊び場である「ピュアハートキッズランド」内に電車でGO!がある。参考文献によると3があるようだが、公式サイトの写真に写っているのは2である。どのみち、大人のみでの入場は不可なので、人の親にならないと確認もプレイもできない。

ROUND1スタジアム堺中央環状店 

堺駅前のラウンドワンの中に電車でGO!2があるらしい。

ゲームセンターロイヤル

→大阪随一の繁華街梅田にもレゲーを集めたゲームセンターがあり、その中に電車でGO!3もあるという。ただし、マスコンレバーが不調らしい。

 

須磨浦山上遊園

→ここにある回転展望閣という展望台の2階がレゲーのゲームセンターになっており、電車でGO!3が稼働しているらしい。

王子動物園

灘駅から程近いところにある動物園。そのゲームコーナー内に電車でGO!2がある。

アミューズスペースミール

神戸電鉄三田線三田本町駅前にあるゲーセン。レゲーまで行かない程度の昔のアーケードゲームが安く遊べるという趣旨らしく、電車でGO!初代が20円で遊べるらしい。

ホームセンタームサシ姫路店

→ホームセンターなのだが、2階に電車でGO!3があるらしい。

兵衛向陽閣

有馬温泉にあるホテル。大浴場近くに電車でGO!3があり、風呂上がりに運転できるのだとか。

 

 

情報なし

 

情報なし

 

ツモクボウリング

岡山県津山線津山口駅前にあるボウリング場。電車でGO!初代が稼働しているらしい。

 

情報なし

 

情報なし

 

情報なし

 

アミコ屋上プレイランド

徳島駅前。そごう徳島店が潰れたにも関わらず、屋上遊園地だけは生き残っているらしい。画像を見る限り、古き良き屋上遊園地といった趣きで、電車でGO!2-3000番台とがんばれ運転士!が稼働しているらしい。

キョーエイ鳴門駅前店

鳴門駅前のスーパーマーケットだが、なぜか電車でGO!2が稼働しているらしい

 

情報なし

 

情報なし

 

  • 福岡県

情報なし

 

Kid's US.LAND 佐賀玉屋

→Kid's US.LAND山梨富士山店同様子供の遊び場なので、保護者以外の大人の侵入が許されていないが、電車でGO!3が稼働しているらしい。

 

ハウステンボス

→言わずと知れた長崎県のテーマパークだが、この一角に「ゲームミュージアム」というのがあり、様々なレトロゲームを飾っているのだという。アーケードゲームについては遊ぶことも可能で、その中に電車でGO!3があるらしい。ハウステンボスの入園料は6200円だが、ゲームミュージアムのみであれば入館料は500円である。

 

情報なし

 

ラウンドワンスタジアム熊本店

→スポッチャ内に電車でGO!3があるが、筐体劣化が目立ち、正常なプレイは困難らしい。となると、もう直されない可能性が高い。

 

  • 宮崎県

情報なし

 

  • 鹿児島県

ラウンドワンスタジアム鹿児島店

→スポッチャ内に電車でGO!3があるが、画面の設定が変なので残り距離が見えないらしい。しっかりしろ、ラウンドワン

 

情報なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:西国分寺駅にあったはずだが、なくなっていることを意味する情報

ユーモア百裂拳していればそういうこともあるよねという話

どうも、オルソンです。

 

 

普段はTwitterでツイートしていますが、時折ブログも更新しております。この記事が268記事目となるそうです。

 

 

基本的にこのブログは「絵」とか「音MAD」とか「鉛筆の芯の先を削って立体物を作る」とかそういった特殊技術を持っていないオルソンが更新している。そういった特殊技術なしということは、自身のユーモアのみでこのブログの267記事が紡がれている。紀行文とかも多いことを考えるとそんなことはないが、それでも100記事くらいのユーモアが出ている、つまりこのブログはユーモア百裂拳と言ってよい。

なお、ここでいうユーモア百裂拳とは、ユーモアの質も、百裂を放つ速度も一切定義しておらず、ただ100回撃ったという事実のみを定義しているものであることは読者の皆様にご理解いただきたいところである。

 

そんな、ユーモア百裂拳をしていると、時々TVのバラエティとユーモアが被ることがある。この記事はユーモア徒手空拳をしていたらTVとかすったというエピソードを2個話して終わります。

 

まずはこの記事である

透明飲料界に激震!透明ミルクティーに次いで透明◯◯が売られる時代に! - オルソンブログ https://orsonblog.hatenablog.com/entry/2017/10/14/000040

この記事は、透明飲料ブームの折である2017年「オフィスで飲む飲料はジュースより水の方がよい」というウワサが流布していた頃に「透明なら何でもいいんだったら焼酎水割りでもいいじゃんいいじゃん」という発想から生まれた記事である。フォロワーの方2名ととも秋葉原でオフをするときに水のペットボトルに焼酎の水割りを入れてのぞむという記事である。

この記事の5年後にあたる2022年4月3日放送のくりぃむナンタラのビンカン選手権の仕掛け、それも最後に明かされる大仕掛けでアシスタントが飲んでいた水が酒だったというものが放送された。このあとのくりぃむナンタラがどうなったかはみなさんご存知の通りであるが、めちゃくちゃ脳汁が出たのは覚えている。

ちなみに、記事においてもくりぃむナンタラにおいても、最後までバレやしなかったので、みなさんも仕事がイヤになったら職場で透明焼酎を飲めばいいと思います。麦茶のペットボトルにハイボールを詰めて出勤してもいいと思います。諸々については自己責任でおねがいしますが。

 

さて、この記事の中にこんな記述がある

焼き芋メーカーが売られていたりしていた。……………焼き芋メーカーって何だよ。サツマイモ型の窪みがある鉄板が2枚あるってことは、原理的には一時期話題になってたホットサンドメーカーと同じってとこかな?やかましいわ!「トウモロコシも焼けるよ!」じゃねえよ!そら大体のトウモロコシはサツマイモより長くて太いから折らないと入らないってとこに目を瞑ったら焼けるでしょうよ!焼けるから何だよ!それ言い出したら、例えば細切りのゴボウとかを調味料と一緒に詰めたらきんぴらごぼうくらい自動で作れるんじゃね?ってなっちゃうだろ!あと、この焼き芋メーカー、サツマイモ型の窪みが2個しかねえから2本しか焼けねえじゃねえか!だったらアルミホイルで包んでオーブンで焼くわ!

 

(透明飲料界に激震!透明ミルクティーに次いで透明◯◯が売られる時代に! - オルソンブログ より抜粋)

ここからは、この部分について、そして2024年4月18日放送「マユリカとおねだりフルーツジッパー」についての話となる。

マユリカとおねだりフルーツジッパーは毎週木曜深夜2:15*1から放送のバラバラ大作戦枠の番組の1つ。4月18日は放送上3回目、ただしn本撮りにより収録上初回で初対面であるマユリカがフルーツジッパーのメンバーである真中まなの誕生日会をするという企画である。

f:id:EF_510_514:20240425011318p:image

さすがに、他メンバーからマユリカへの誕生日プレゼントへのヒントはありつつ……

 

包み紙を開けると出てきたのは……

 

 

 

f:id:EF_510_514:20240425011305p:imagef:id:EF_510_514:20240425011312p:image

焼き芋メーカーである。5年の時を経て、タイマーが付いたり、多少デザインがオシャレになっていたりするものの、入る芋の容量は一切変わっていない。
f:id:EF_510_514:20240425011332p:image

ということで、焼き芋メーカーというユーモアも被り、焼き芋メーカーを見た心境も真中まなと被りました。イエーイ、俺が真中まなだ!!!!ちなみに、妹の名前はマユとユリカです!!!!よろしくお願いします!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、違うな。

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきの「透明焼酎」の方はまだ、発想で被った感じあるけど、「焼き芋メーカー」の方は既存のものだからな。焼き芋メーカー見たら、この世で一番面白い家電って思うのは当たり前ではあるもんな。だって、焼き芋メーカー面白いから。そうなると一番面白いのは株式会社ドウシシャだよな。あぶねえあぶねえ、俺は何も面白くない。俺が焼き芋メーカー作ったならまだしもそうじゃないんだから。株式会社ドウシシャ、君こそナンバーワンだ。よかった〜、目が覚めれた〜。私には兄が一人だけいます。

f:id:EF_510_514:20240425011312p:image

「株式会社ドウシシャ、君こそナンバーワンだ。」そう思ってからもう一度この箱を見てみてください。"Yakiimo" Makerのダブルコーテーションマークとか、Bake Freeとかめちゃくちゃ面白い。あと、この写真を撮るために何本のサツマイモが使われたのか思いを馳せてみても面白い。

f:id:EF_510_514:20240425011325p:image

All Season、じゃないんだよ。機械の方がオールシーズンでも、芋があんまりオールシーズンじゃないんだよ。あと、調理例幅広い感じ出そうと頑張るなよ、全部焼き芋でしかないから。

 

 

 

 

ということで、この記事を通して私が一番伝えたかったことを、大きめの文字で書いて、この記事を終わりにします。

 

 

 

 

 

焼き芋メーカーの説明書には、焼きとうもろこしの作り方も載っている。

 

 

ありがとうございました。

(おしまい)

*1:公式には毎週水曜深夜26:15

いてもたってもいられず、桜撮り鉄を敢行してしまった話

  • まえがき

どうも、オルソンです。

 

 

今回は、撮り鉄紀行文である。

 

桜と鉄道、この2つが重なる写真は古くから撮られている。鉄道が外を走る限り、桜や海などの日本の風景と日本の鉄道が絡むことは少なくないわけであり、そういった写真は、鉄道写真の中でも一つのジャンルを築いている。

 

 

ただ、この「桜と鉄道」意外なほど意外と簡単に撮れる写真ではない。まず、場所が限られるというのがひとつある。例えば、ニュース番組でよく使われる桜の名所として「上野の山」があるが、上野の山には鉄道が通っていないため、桜と鉄道の写真は撮れない

 

…いや、上野の山に鉄道が通ってはいるか。上野の山の地下を京成が通って京成上野駅に着くもんな。こち亀にも載っている「博物館動物園駅」とかもろに上野の山の真下だもんな。でも、地下だから結局桜と鉄道の写真は撮れないじゃん、結論が合ってたら変な指摘しなくていいじゃん。ねえ?????

 

 

まあ、上野の山を例にしなきゃ良かったといったところで、桜と鉄道の難しさはもう一つある。

 

それは、桜が意外とすぐ散るということである。いかにも「4月の顔です」感を出しに出して出しまくっている桜であるが、実際には咲いてから一週間もすれば花は散り、あとには葉が残るのみである。

さらに、4月という時期がら天候は不安定であるため、「桜が咲く休日に晴れる可能性」すら運と確率の世界である。あと、せっかく満開になったあとに春の嵐が吹き荒れると、無惨にも桜が散る。

 

そんななか、2024年の桜はやや開花が遅かったこともあってか、春の嵐をしぶとく乗り切り、4/13、14の土日に快晴となった。このチャンスは無駄にできないということで、今回桜と鉄道を撮りに行く運びとなった

 

 

  • やっと本題なんだぜ

ということで、本題として何の鉄道を撮りに行くかというのもあるが…

 

 

 

秩父鉄道パレオエクスプレスとした。

この期間、パレオエクスプレスはSLに旧型客車を引き連れている。一度は「SL+旧客自体は高崎でいくらでも撮れるからなあ、というか撮ってるし」とスルーしていた秩父鉄道だが、沿線に桜並木があり、上記の条件が重なるとなると話は別である。こうして、私は秩父鉄道の桜並木を目指すことにした。

ただ、前日まで仕事だったこともあり、11時ごろ起床し、のんびり出発。熊谷行の方のみに絞ることでのんびり出発しようという魂胆である。

3月の九州旅行*1とGWの座席予約が重なり破産しそうになっているのを、休日おでかけパスで対応。往復だけでまあまあ元取れるからな。

まあ、道中は地味そのものです。千葉県から熊谷への道中なんか無風ですよ。無風なはずなのにいつの間にか、ローカル線に乗っており、1時間も待てばSLが来る。これが秩父鉄道の凄いところです。ということで、大麻生駅付近の桜並木で撮った写真をどうぞ。

7500系

東急から譲り受けた車両。秩父鉄道には東急から譲り受けた車両だけで3形式が走っているほか、都営三田線6000形が走っている。以前は元国鉄101系が走っていた時代もあった。

6000系

西武101系の車両に、西武元レッドアローの座席を取り付け、急行として走らせている列車。ところで、なんでこんなセピアがかっているんですか?光線が側面にもあんまり当たらなくなったのを、自動色調補正したからですか?

パレオエクスプレス

本番である、めちゃくちゃ煙出る前提の撮り方してしまっていて、恥ずかしい限りですね。昨日は出ていたらしいです。

桜並木自体はこんな感じである。桜と鉄道、2つを欲張らず桜だけ撮れば綺麗だったのかもしれない…。

桜と四種踏切。東京から1時間で、こんな風景が見れるとはねえ。

桜と大麻生駅

というより、桜関係なしに大麻生駅のポテンシャルが高すぎる。木造の屋根、色褪せたコカコーラの看板、ベンチの広告も色褪せている、ホーローの駅名標に電話ボックス。ちなみに、電話ボックスの貼り紙によると電話ボックスを破壊する犯罪が横行しているらしい。

 

 

このあと、熊谷駅まで来たということで…

f:id:EF_510_514:20240415013408j:image

ぎょうざの満州に行った。ぎょうざの満州とは埼玉ローカルの美味すぎる中華屋である。ここで酒をいっちょ飲んで帰ることにした。

f:id:EF_510_514:20240415013431j:image
f:id:EF_510_514:20240415013434j:image

メンマと塩茹で秘伝豆

ハッキリ黒い粒が見えるほどかけられたメンマと、塩味よりも豆本来の旨味が濃く、かみごたえもほどよい塩茹で秘伝豆。ともに180円……と言いたいところだが、写真はハーフサイズなので100円である。ただでさえ安いのにハーフサイズまであるのが嬉しい。

ちなみに、秘伝豆はラー油をかけるとコンビニで売ってる麻辣青豆みたいな味になる(食感は当然そのままで)。後半味変してみるのもオススメです。

f:id:EF_510_514:20240415013747j:image

一口食べちゃったけど、キムチ。中華屋だがなぜかあるキムチ。アミの塩辛的な旨味が濃い…が辛さも同じくらい濃く、旨味と辛味がバチバチに争い、高めあうキムチ。これもハーフサイズ100円。安すぎる。

f:id:EF_510_514:20240415013917j:image

水餃子と焼き餃子

ぎょうざの満州の餃子は野菜が多いので、かみごたえしっかりで、脂がくどくないのが特徴。あと、餃子が2種類あるのも嬉しい。さすが、ぎょうざの満州である。具を味わうなら水餃子だが、焼き餃子の厚い皮のパリっと感ももちろん捨てがたい。まあ、3個入りなら両方頼んでも500-600円程度なのだが。

 

 

ということで、最終的にぎょうざの満州ダイレクトマーケティングの記事になってしまったが、秩父鉄道は武骨な電気機関車がまだまだ現役だったり、撮り鉄のターゲットとしてまだまだ研究の余地がありそうであった。色々な撮影地を探ってみようと思う。あと、ぎょうざの満州は千葉県にも出店してください。お願いします。

(おしまい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:あああ

SAKURAIクイズをもっとやりたい!だから作ってもらおう!

  • まえがき

どうも、オルソンです。

 

 

 

オールスター後夜祭のたびに、SAKURAIクイズを作っております。しかし、最近、SAKURAIクイズの制作者がめっきり減っております。というか自分とあともう1人しか知らないです。交換日記じゃないんだぞ。

 

 

ということで、今回はSAKURAIクイズの作り方を紹介していきます。なお、

SAKURAIクイズをもっと作ってほしい!総集編!

https://quiz-maker.site/quiz/publish/hUPj3720231024233402

こちらのクイズメーカーと全く同じ文面ですので、総集編とはいえクイズを解きたい方はこちらをまず見てください。解説でしか読めないのは読み返しにくいと思うので、そのために記事があります。

 

 

  • 羅列型

f:id:EF_510_514:20240406230253j:image

そのままだとバレそうなので和訳しているのが、「3年半前の粗さ」ですが、ブレンドSのOPである「ぼなぺてぃーとS」という曲の歌い出しである。こういう羅列を見聞きしたときに「SAKURAIクイズだ!」と思えるかが、SAKURAIクイズを作るカギとなる。ちなみに、ぼなぺてぃーとの意味は、ブレンドSではなくシンパイ賞の芸人が貧乏メシ紹介するコーナーで覚えた。

f:id:EF_510_514:20240406230415j:image

これは、家族旅行で絵本の美術館か何か行ったときですかね。売店はらぺこあおむしのコーナーにこの5個の果物が書かれたTシャツを見つけたんですよね。そのとき、「これだ!」と思ってスマホのメモにストックしました。自然発生していた羅列は即ストックを!

これが「ぼなぺてぃーとS」、これの歌い出し聞いて「SAKURAIじゃん!」って思えるようになろう。意識すれば意外と簡単になれるから。

 

  • 共通点型

f:id:EF_510_514:20240406230445j:image

こちらは羅列ではなく共通点自然発生とでも言いますか、「何か最近タイムショックのパロディちょこちょこ見るなあ」と思ったところから作問した問題です。最低4つ揃えば「何か多いよなあ」からのSAKURAIクイズ行きで納品できるので「何か多いよなあ」の感覚を大事にしてほしいですね。

f:id:EF_510_514:20240406230524j:image

そうは言っても、4つ以上のものの共通点を見出すのは難しいでしょう。実際は、2〜3個のものからしか共通点を見出せなくても、あとで考え抜いたり調べたりすればどうとでもなります。この問題は最初は「板尾創路」と「伊集院光」だけでした。そのあと、途中で口封じで殺される「角野卓造」を足して…………最後の最後で「松嶋菜々子一人二役で双子になる回」を思いついたときは「俺天才か?」と思いましたねえ。はあ!?

f:id:EF_510_514:20240406230547j:image

これも、ラヴィット!見てて「KANA-BOONのボーカルって谷口鮪っていうんだ」から作ったクイズですね。モシモシとかたつむりは絞り出せたのですが、あと1人が絞り出せず調べた結果、「平成墓嵐の舵木まぐろ」に到達したのですが、舵木まぐろは2023年1月に急逝していたし、あとメンバーに中学時代の知り合いがいました。君らには、「メンバーにマグロがいるグループいねえかな」と調べまくった結果、知り合いが平成墓嵐になっていたうえに、それと別にメンバー死んでいたことがわかったときの気持ちがわかるか?

 

  • 特殊な名称

f:id:EF_510_514:20240406230746j:image

もう中学生のおグッズという番組で渡辺直美のプロデュースするカラコンが食品の名前で色を示しているというのを知りました。こういう「変わった名前の付け方」はSAKURAIクイズにしやすいですね。ちなみに、私が作るSAKURAIクイズの選択肢に、正解にしろダミーにしろ「〇〇の歌詞に出てくる単語〜」が多いのはダミーチェック(後述)が楽だからです。

 

  • 僕はお風呂で身体洗う順番型

f:id:EF_510_514:20240406230844j:image

SAKURAI本人の代表作である「僕がお風呂で身体洗う順番〜♪」これも、工夫すればクイズ出題可能。インターネットには変な箸の持ち方をしている芸能人をまとめたサイトがあるので、そこで自分と同じ箸の持ち方の人を探す。解答側は4人の箸の持ち方を知っているか、消去法を使うことで俺のことを知らずとも解けるというわけ。ちなみに、ダミーチェック(後述)により、「西野七瀬」から「白石麻衣」に差し替えています。

 

f:id:EF_510_514:20240406230932j:image

f:id:EF_510_514:20240406230941j:image

いわゆる「専門用語」を響きや単語の意味合いから何となく当てさせる「たほいや型」のSAKURAIクイズ。ある意味一番ベーシックなSAKURAIクイズかもしれません。例えば、9問目は「農作物の品種名って意外とユニーク」がスタートだった気がします。ただ、8問目に限っていえば、「マリオカートのコースって食べ物多いよね」で作ったので、そういう意味では共通点型でもあります。

ちなみに、2023春から使っている「選択肢を変えない縦軸」は、せっかく考えた選択肢を捨てずに作問できるので実は縦軸ありのが楽だったりします。

 

  • ダミーチェックにご用心!

f:id:EF_510_514:20240406231140j:image

SAKURAIクイズの思いつき方として、うっすら「何か多いな」と共通点を見出して育てる、何かの羅列を見かける、そしてたほいや型と紹介しましたが、4択考えたあとに「本当に答えが1個か?」というチェックは必須です。複数回答にしてもいいけど、さすがに難易度高すぎるし、難易度の上がり方も綺麗じゃない。ということで、悪魔の証明ではありますが、ダミーがたまたま正解になっていないかダミーチェックをしましょう。

 

 

 

ということで、SAKURAIクイズの思いつき方を様々書いてみました。皆さんもぜひ作ってみてください。でもダミーには気をつけてください。それではさようなら。

 

ラヴィット!カフェに行ってきました

こんにちは、オルソンです。

 

 

 

f:id:EF_510_514:20240324212408j:image

フォロワーの方から、誘いを受けまして、本日ラヴィット!カフェに行ってきました。誘ってくださったいいさん、ご一緒してくださったうっらいさん、アサノさんありがとうございました、この場を借りてお礼申し上げます。

 

f:id:EF_510_514:20240324212541j:image

どうしても、ごちうさのコンカフェに見えてよくない看板

f:id:EF_510_514:20240324212535j:image

これはもう、雀荘の看板だろ

f:id:EF_510_514:20240324220745j:image

BOX CAFE &SPACE、コンカフェやるための貸し出し施設らしい。原宿には色んな業態がありますね。

 

入り口からラヴィット!の装飾があって良いですね。ほかにも装飾・看板はあったので、ぜひ行ってみよう!

 

店内はラヴィット!にゆかりのあるBGMが流されていました。「ラヴィット!ランキングで評価する一流料理人が紹介されるときのBGM」のギターソロ部分が聞けるのはラヴィット!カフェだけ!

 

以下は撮らせてもらった料理の写真です。4人で行くと食べ切れないしさすがに払えない量のメニューを頼めるのが良いですね。

f:id:EF_510_514:20240324214510j:image

ラッピーカレー。ご飯の色が気になるというか、何ご飯なんだろうとは思うがそれ以外は普通に美味しそう。

f:id:EF_510_514:20240324214516j:image

私が頼んだ「石田家特製もやしのすき焼き」味は……そうですね、もやしとすき焼きのタレの味がします。

普通にもやし炒めのバリエーションにあってもいいような味。ただ、牛肉とか春菊とか入れるともっと美味しくなるかもしれません、何となくそんな気がします。

f:id:EF_510_514:20240324214520j:image

もやしのすき焼きとセットになっている「9度目の麦茶」TVで見るより麦茶色をしており、多量(と言っても2〜3口分くらい)に口に含むと、突然麦茶になります。

f:id:EF_510_514:20240324214506j:image

逆バズーカブリトー

説明不要の逆バズーカをモチーフにした料理だが、意外と野菜の鮮度が良さそう。

f:id:EF_510_514:20240324214458j:image

銅鑼が鳴るほど冷たいシェイク

前回も話題になった、マジで銅鑼を鳴らしてくれるシェイク。

散々写真撮ったのに、自分は写真撮らせるのを忘れておりました。この場を借りてお詫びさせていただきます。

f:id:EF_510_514:20240324214513j:image

超酸っぱいラッピージュース

「炭酸水で飲みやすくなった」と説明されますが、実際は炭酸水とラッピージュースが別盛りなので、せっかくだから原液を飲んでから口直しで炭酸水を飲むのが普通か。

飲んだところめちゃくちゃ酸っぱかったし、歯がジャリジャリしてきたので、多分酸で歯が溶けたし、こんなもの常飲しているラヴィット!レギュラーは数十年後全員歯がなくなっていると思います。それが分かっただけでも良かったです。

 

グッズも売っていたので購入しました。私が購入したのはアクスタ×2

f:id:EF_510_514:20240324222509j:image

ラヴィット!カフェ限定、ラヴィット!カフェフリップ付きのアクスタ。

f:id:EF_510_514:20240324222512j:image

お金を払えば買えるアクスタ

このあとは、原宿を徘徊して、時計屋の無料体験(?)を少し見たり、女性用下着屋の上に日本酒屋があるテレビ千鳥みたいな建物を見つけたりとテキトーにブラブラ…途中「友達がやってるカフェ」を見つけ、「ラヴィット!でやってた店だ!」となったのをきっかけに、「テレビ千鳥でやっていた配管マンの店」が原宿だということで調べて行ってみることに……

 

その店は、店先から…そのニューヨークの地下鉄並に落書きが多く「Fuckin Tourist」などと書いてある始末。さらには、服屋なのに何かを叩く音まで聞こえ、我々は逃げるようにその場をあとにした。店先の写真を上げる気も起きんよ…。

 

そのあとは、竹下通りを通過してみることに。日曜なので人が多い。りんご飴専門店のすぐ横にいちご飴専門店、おもしろTシャツ屋さん激戦区、監視カメラの多すぎるセブンイレブン、苺わたあめ専門店などを抜け、途中ガチャガチャの機械がマジで100台はありそうな店にだけ入った。いやー、セブンイレブン以外は東京じゃないと成り立たないだろ…東京すげえわ…。

 

ということで、竹下通りを抜け、原宿駅に着いたので解散となった。最後に、アクスタを初めて買った私が発見したことをこの記事の〆とさせていただきます。

 

 

 

f:id:EF_510_514:20240324222603j:image

アクリルスタンドを裏返すと、かまいたちの夜みたいになる

 

 

終わりで〜す

(おしまい)

 

 

【春の九州旅行記番外編】ただ、ちょっと思い出しただけな話

どうも、オルソンです。

 

 

近ごろ、車椅子での映画館の使用なんて話が取りだたされてますね*1

 

そんななか、わたくし、この春九州に行きまして、その紀行文が前回の記事だったわけですが、そこで見かけた車椅子系のエピソードを、書こうかなと思います。

 

 

ちなみに、前回の記事はこれですが、番外も番外なので読まなくてOKです。

春の九州旅行記

https://orsonblog.hatenablog.com/entry/2024/03/17/214422

 

 

 

 

あれは、1日目の昼過ぎ、博多駅に戻る電車で起きた出来事だった。

 

博多駅で電車を降りるつもりだった私は、電車が到着するちょっと前からドアの前に、荷物を持って立っていた。

 

ドアが開くと、さすが博多駅とあって、ホームの上には多数の乗客がいたが、その中には車椅子に乗っている方と、赤ちゃんを乗せたベビーカーを連れている方がいた。

 

近年、いや近年といっても結構前からだが、椅子の方が電車に乗る場合、駅員がホームと電車の間の隙間を埋めてスロープにするための折りたたみ式のボードを持ってきてくれる(画像参照)

f:id:EF_510_514:20240320161541j:image

JR九州とて例外ではなく、駅員がボードでスロープを作り車椅子の方はスムーズに電車に乗っていった。

 

その後、駅員はその折りたたみ式のボードを畳んだ。畳んでいる途中、ベビーカーを連れている方と目が合った駅員は軽く会釈をしてから折りたたんだボードを持って、戻って行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、終わりでーす。

(おしまい)

*1:もう、取りだたされてないとかそういうのやめよう。進めないから。