唐辛子シュワチンで勃起力を増強した話

こんばんは、オルソンです。

 

 

突然だが結構前のこのツイートを見て欲しい

 

 

…何というかやれやれ、である。この度私が飲み物を粗末にしないシュワチンを提案した記事*1を書いたというのに、唐辛子チンという新たな概念を生み出しやがったのである。大体ね?シュワチンだって、「シュワチンが勃起力を増強する」っていうツイートがTLに流れてきたからやってみただけなわけであって私が考えた奴じゃないわけ。そういう意味で、唐辛子チンなんて勝手な奇行ですよ。いや、唐辛子も血行促進効果があるかもしれないよ。でもやらないでしょ?唐辛子チンなんてダメでしょ、食べ物粗末にしてるし。

 

http://orsonblog.hatenablog.com/entry/2017/11/30/000608

 

f:id:EF_510_514:20180101183758j:image

  

f:id:EF_510_514:20180101183802j:image

 

f:id:EF_510_514:20180101183823j:image

 

 f:id:EF_510_514:20180101183835j:image

 

f:id:EF_510_514:20180101183837j:image

 

f:id:EF_510_514:20180101184052j:image

 

f:id:EF_510_514:20180101183918j:image

 

f:id:EF_510_514:20180101183916p:image

 

というわけで、 きき湯ファインヒートによる唐辛子シュワチンを敢行した。

 f:id:EF_510_514:20180101184100j:image

何しろ、トウガラシエキスに加えて、炭酸ガスが4倍ですからね。否応なしに期待も高まるというものです!

f:id:EF_510_514:20180101184205j:image

開けてみると、意外にも色はピンク。少し割れた形状も相まって、六花亭あたりのいいとこのいちごチョコに見えなくもない。そしてこれを一袋全部入れる。なお、前回のきき湯チンの反省を生かし、冷水に溶かすことで炭酸ガスの溶解量を高めた。

f:id:EF_510_514:20180101184345j:image

その時の写真がこれ。にんじんジュースのようなオレンジ。赤でもピンクでもないんかい!これにチンチンを入れると…。

 

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!!!!

 

これまで幾度となくシュワチンしてきたので慣れたと思いきや、そんなことはなく痛い。水の冷たさ、唐辛子の辛味、炭酸の刺激全てがチンチンに刺すような痛みを与えてくる。さらに、炭酸の泡が上がってくるのがまた痛い。これは史上最痛ですわ。これで勃起力上がんなかったらどーしよーかなー、逆になー。

f:id:EF_510_514:20180101184845j:image

チンチン一回抜いたら、ちばチャンで一回だけ頼んだクソマズ焼酎ことトマト酎みたいな色になってるしよお…。マジで何だこれ…。

 

それでも何とか10分浸けた。結果は…

 

 

凄いね。もうね、即刻出たよね。まず唐辛子シュワチンした日にはもうバッキバキのカッチカチになるし、太さも長さも、もう史上最高ですよ。朝勃ちした時なんかもうズボン突き破るかと思ったもんね。ただ、数日は精液の生産が追いついていなかった感があったものの、たったの3日程度で量も粘り気も最高クラスに。さらに感度もめちゃくちゃ良くなるのでシコっててとにかく気持ちいい。 朝勃ちなんかするともうバッキバキに勃った高感度チンチンがパンツに当たってもう大変よ。

 

結論:勃起力向上のの最高の素材は「きき湯ファインヒート」